写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、先週のダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。果たして1位に輝くのは!?

○妖怪と幽霊と人間が仲良く同居? 破格物件には"クセ者"がいっぱい

10位 『妖怪アパートの幽雅な日常』(深山和香 香月日輪/講談社)

「元々香月日輪さんの小説が好きでした。子供の頃に感じた『何でも出来る! 自分次第』という気持ちがよみがえりました。目の前の問題が小さな事の様に思え元気が出ます」「こんなアパートあったらちょっと怖い気もするけど住んでみたい!! 上手く言えないけど、人間の嫌な部分が書かれていて怖かったりホントにイライラしたりするけど、主にアパートの住民の人(?)達による会話や行動で救われていく素敵な作品です」(レビューより)

○気がつくと高層ビルに! 襲い掛かる仮面の男たちから逃げられるのか!?

9位 『天空侵犯』(大羽隆廣 三浦追儺/講談社)

「見ていくうちにはまってしまい、続きが気になる! スナイパー仮面イケメン」(レビューより)

○予測不能! 謎が謎を呼ぶダークファンタジー

8位 『進撃の巨人』(諫山創/講談社)

「謎が多くて、グイグイ引き込まれます」「登場人物それぞれに個性があって、おもしろいです。いろんな謎が隠されているので、続きが気になって仕方ありません」(レビューより)

○国を救うために立ち上がったのは、王女と大罪人たちと…ブタ!?

7位 『七つの大罪』(鈴木央/講談社)

「何度も読み返せる=自分の中では"名作"レベル。笑いの要素も多く、かつシリアス」「アニメで少し観てましたが、マンガもアニメーションに劣らない迫力。絵も綺麗だし、キャラクターに魅力があります」(レビューより)

○地味なアイツは伝説の最強チームの"幻の6人目"、新次元の熱血バスケットボール漫画

6位 『黒子のバスケ』(藤巻忠俊/集英社)

「とても面白かったです。バスケはプレーしてるときが一番楽しいので、そこを描いてくれて嬉しかったです」「最終話は感動しちゃいます!!!!!!!!」(レビューより)

○"王道少年漫画の傑作"との呼び声も高い、『ドラクエ』オリジナル・ストーリー

5位 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(稲田浩司 三条陸 堀井雄二/集英社)

「なかなか読みやすいし、何より昔を思い出して懐かしみながら読めるから良い」(レビューより)

○実写映画も話題! 強烈キャラだらけの生徒会長選で帝一は頂点を目指す

4位 『帝一の國』(古屋兎丸/集英社)

「この世界観、久々のハマり本ですね。この絵もいい。かなりのフェチズムも感じます。この作者さんの思考回路が気になります」(レビューより)

○『精霊の守り人』上橋菜穂子の原作がコミックに、温かみのある極上ファンタジー

3位 『獣の奏者』(武本糸会 上橋菜穂子/講談社)

「色んなジャンルを読んでますが、このマンガはかなり読み応えがあります。やや中華風な異世界ファンタジーという感じで、世界観がすごいです」「NHKで放送されていたのを何度も見てとても好きになりました! アニメとはまた少し違った内容なのでオススメです! エリンちゃんかわええ」(レビューより)

○人を喰らう怪物が無数にうろつく迷宮から脱出せよ! 魂揺さぶるサバイバル・SFサスペンス

2位 『アビス』(長田龍伯/講談社)

「話の内容がとてもよく、一人一人助け合いながら上手くピンチを乗り越えていく感じがいいですね! それにムカつく人も見捨てず助ける!やっぱり漫画ではこれがあるってのがいいですね! 現実ではあり得なさそうですけど!笑」「毎回ピンチが訪れる度に、どう乗り切るのかドキドキしながら読んでます。先が予想出来ないところも好きです」(レビューより)

○50億人対5人! 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

1位 『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)

明日は少女コミック編をお届けします。