危機感を口にする大宮キャプテン菊池光将「『内容が良かった』だけで終わっちゃいけない」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、大宮アルディージャはFC東京と対戦し、0−2で敗れた。DF菊地光将の試合後コメントを、Jリーグ公式HPが伝えている。

 キャプテンとして試合に臨んだ菊池は開幕2連敗という結果について「しっかり自分たちからハードワークして、ある程度主導権を握りながらやっている中で、後半のところで今日もセットプレーから失点して、最後に追加点を決められて終わった。原因は分からないですけど、もっと集中してやっていくことしかない」と振り返った。

 前節の川崎戦と同様、押し込んでいる時間帯に得点を奪えず最終的に2失点を喫しての敗戦に「やっているサッカーは決して間違っていない」と手応えを口にする一方、「内容が良くても勝点が取れなきゃ意味がない。しっかりと結果が付いてくれば、もっと上にも行けると思う。『内容が良かった』だけで終わっちゃいけない」と危機感を口にした。

 次節、大宮はホームでジュビロ磐田と対戦する。