2連敗スタートも前を向く札幌の四方田監督「先につながる試合」

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、横浜F・マリノスと北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 前半をスコアレスで折り返した札幌だったが、後半に入り3失点。敵地で横浜FMに完封負けを喫した。

 試合後、札幌を率いる四方田修平監督がインタビューに応じている。

 前半は横山知伸のシュートがポストに直撃するなど、チャンスシーンを作ったが最後まで得点を奪うことはできなかった。四方田監督は「選手は非常にいいプレーをしてくれたと思っていますし、相手の素晴らしいシュートが入って、後半は差がついてしまいましたけど、最後まで取り返そうという姿勢を見せてくれた先につながる試合だったのかなと思います」と振り返った。

 ホーム開幕戦となる次節のセレッソ大阪戦に向けて、「ファン・サポーターの方に早く喜んでもらえるよう、しっかりと勝ちたいと思います」と意気込みを語っている。