ホームレス支援をする男性2人にスーパー側は…(出典:https://www.facebook.com/mtaubgpi)

写真拡大

路上生活者を支援しているボランティアたちの中には、教会が主催したり慈善団体が行う「スープ・キッチン(炊き出し)」で温かい食事をホームレスたちに提供している人々がいる。このほど、ホームレス支援に協力している男性2人が英大手スーパーチェーン店で「スープ・キッチン」の食料を購入しようとしたところ、スタッフから「買い過ぎは困る」と購入を止められた。

「TESCO(テスコ)よ、恥を知れ!」

Facebookにそう投稿しているのは、教会が主催する慈善サービス「St.Laurence's Larder in Brent」のスタッフのひとりであるマイケル・タウブさんだ。マイケルさんとスティーブン=ピーター・チャンバーレインさんは2月22日、スーパー「TESCO」にホームレスのための食料を買い出しに出向いた。

通常、「スープ・キッチン」では長期保存が効く安価な缶詰などが食材に使用されることが多い。そこでマイケルさんとスティーブンさんは、ツナの缶詰やベイクドビーンズの缶などをカートに入れて予算200ポンド(約28,000円)分の買い物をしていた。

すると、店のスタッフが「買い過ぎは困る」と声をかけてきた。スティーブンさんは驚いて「在庫がまだあるでしょう。私たちはホームレスのためのスープ・キッチンに使う食料を買っているんです。200ポンド分購入するのでそちらの利益になるんですよ」と言うと「ホームレスのために購入するというのは本当かどうかわからない。あなたたちが大量に購入すると他のお客さんの商品の選択肢が少なくなってしまう」とストアマネージャーが発言し、マイケルさんとスティーブンをさらに驚かせた。

スティーブンさんは「店のマネージャーは私たちの言い分を信じてないようでした。しかも、スーパーにいるのに、商品が購入できないってどういうことなのでしょう。私たちはレタスなど品薄の商品を買っていたのではありません。ツナ缶などの缶詰を購入していたんです。全くもって信じられません。貧困に苦しむ家族や子供たち、ホームレスの人たちが世間にはいるんです。その支援を私たちはしようとしているだけです。そんなことSainsbury's(セインズベリーズ)では言われたことありません」と怒りを露わに英紙『Metro』に語っている。

そしてマイケルさんも自身のFacebookに「TESCOは恥を知るべきだ!」と投稿すると、「“どんな小さなことでもヘルプします”ってキャッチフレーズがあるくせに、全くヘルプになってないじゃないの」「もうTESCOで買わない。みんなでボイコットすべきだ」「最悪」「客を失うことをわざとしているね」「普段売り上げが多いからホームレス支援の人はこうして断るわけ!? どんだけ最低なの」といった怒りの声が見受けられた。

TESCO側は「当店は全てのお客様に対して必要な商品を購入できるようにベストを尽くしています。時に、大量に購入しようとするお客様にはスタッフから注意をさせて頂いていますが、今回ご不便をおかけたことはお詫び申し上げます。また、当店がリンクしている慈善団体から『St.Laurence's Larder in Brent』への支援ができるかどうか確認し協力させて頂く所存です」と述べている。しかしこれに対して「店側の利益になることしか考えていない」という批判もあがっているようだ。

出典:https://www.facebook.com/mtaubgpi
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)