最後にして最大の出会い場!「大学生活」で出会いを逃す女子の行動

写真拡大



大学で出会った人と付き合い続けて、のちに結婚する…女子としては早めに相手も決まって安心できるパターンですよね。大学で結婚につながる恋愛をつかみたい女子は、無意識に出会いを逃す行動をしていないかチェックしてみましょう。こんな行動をしている女子は、もしかすると大学生活が出会いのないまま終わってしまうかも…。

■1.サークル活動に参加しない

やりたい活動がなかったりして、サークル活動に参加しないと決めている女子もいることと思います。しかし、人の出会いというのは意外なところにあるもの。ちょっとでも興味があったら、まずはコンパなどに参加してみるのが良いでしょう。出会いのためだけに入るとメンバーと関係がこじれたりしてしまうものですがサークル活動をしているうちに、良いなと思える男子が出てくるかもしれませんよ。のちに「もっと積極的になっていれば良かったな」と感じてからでは遅いもの。若いからこそ、さまざまな男子を知ろうとする努力は必要です。

■2.自分のやりたいことだけ優先する

大学って、自由の幅が大きいですよね。授業も好きに選択できたり、課外活動にいそしむことができたり、あなたにとって頑張りたいことをうまく見つけられることでしょう。自由の利く時期に、物事に励むのはとてもいいことです。しかし、自分の行動予定を優先するあまり、他人をないがしろにするのはNG。それでは、どんどんと心が内にこもって、恋のできる状態ではなくなります。恋にも励みたいのなら、たまには遊びの誘いに乗ったり、誘われるままにイベントへ参加するなどの機会を作りましょう。

■3.大学内の男子とばかり付き合う

華の大学生を思う存分謳歌したいという気持ちが、結婚相手になるかもしれない男子との出会いを逃してしまうこともあります。「あの子は同じ学部で何人も彼をゲットしている」「講義中も男友達とばかり一緒にいる」「サークルの飲み会ばかり参加している」というイメージが、女子としての印象を悪くしてしまうのです。学内やサークル内での噂はあることないことすぐに広まってしまうもの。好きに恋愛を楽しむのも良いですが、真剣な相手を見つけたいのなら、ある程度大人しくいることも大切です。

■4.女子ばかりいるゼミに入る

ゼミ仲間などで気の合う女友達が見つかり、卒業後も変わらず楽しいことやつらいことを共感しあえれば、あなたの一生の財産となるでしょう。しかし、女子会ばかりに夢中になったり、女友達とさかんに旅行したりしていると、男子と出会う機会はなくなってしまいますよね。常に女子とつるんでいるイメージがつくと、男子からも声をかけづらくなり、気がつけば恋愛の思い出がない大学生活になるおそれも。女友達といるにしても恋愛話をするなど、男子に対する意識ももつようにするといいですよ。

■自分の優先順位を見直して

大学生活は、過ぎてしまえばあっという間です。気の合う男子と出会うためにも、日頃の自分の行動を見直して、男子と過ごす時間をもつようにしてみましょう。(SACCHI/ライター)

(ハウコレ編集部)