2試合連続得点のダビド・バブンスキー(左)【写真:Getty Images】

写真拡大

 4日、J1第2節の7試合が日本各地で開催された。

 開幕戦で浦和レッズとの激戦を制した横浜F・マリノスは、19時キックオフの試合でコンサドーレ札幌と対戦。浦和戦と同じくMF齋藤学のアシストからMFダビド・バブンスキーが2試合連続となるゴールを決めると、後半にもFW富樫敬真とFWウーゴ・ヴィエイラがゴールを加えて3-0で快勝した。2連勝の横浜FMは得失点差で暫定首位に立っている。

 FC東京はDF森重真人とMF中島翔哉のゴールにより大宮アルディージャを下して2連勝。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの獲得を先日発表したヴィッセル神戸も、アルビレックス新潟を2-1で下して2連勝スタートとなった。ベガルタ仙台もジュビロ磐田を破り、2試合連続の1-0勝利で勝ち点6を獲得している。

 黒星スタートとなった浦和はホームでセレッソ大阪と対戦。前半にFW武藤雄樹とFW興梠慎三、後半にはFWラファエル・シルバが2試合3得点となるゴールを奪い、C大阪の反撃を1点に抑えて今季初勝利を挙げた。

 FC東京との開幕戦に敗れていた昨季王者の鹿島アントラーズも初白星。新戦力MFレオ・シルバが決めてヴァンフォーレ甲府を下した。昇格組の清水エスパルスも、FWチョン・テセのPKでサンフレッチェ広島を破ってJ1復帰後の初勝利を飾っている。

 柏レイソル対ガンバ大阪、川崎フロンターレ対サガン鳥栖の2試合は5日に開催される。4日に行われたJ1第2節の7試合の結果は以下の通り。

浦和 3-1 C大阪
甲府 0-1 鹿島
広島 0-1 清水
FC東京 2-0 大宮
磐田 0-1 仙台
神戸 2-1 新潟
横浜FM 3-0 札幌

text by 編集部