セットプレー2発に泣いた新潟、三浦監督「警戒していたのにやられた」

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、ヴィッセル神戸とアルビレックス新潟が対戦した。

 3分に先制点を献上した新潟は、田中達也の2試合連続得点で一時は追いついたものの、その直後に失点を喫し、2−1で神戸に敗れた。

 試合後、新潟を率いる三浦文丈監督がインタビューに応じている。

「ゲームの入りは集中して入ろうと言っていたんですけど、立ち上がりに警戒していたセットプレーで失点してしまって、ちょっとバタバタしてしまいました。ただ、全体でよく持ち直して、しぶとい戦いをしながら同点に追いついたんですけど、奪った直後にまた警戒していたセットプレーからやられたということで、警戒していたのにやられたのは徹底できなかった責任は感じています。でも、選手たちは最後までゴールに向かってくれたので、これを次につなげたいと思います」

 次節、新潟はホームで清水エスパルスと対戦する。