大阪がFリーグの新たな歴史を切り開く!! 粘る町田を振り切って初優勝!!《ゼビオFリーグ》

写真拡大

▽4日に岸和田市総合体育館でSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 プレーオフFinal Round第2戦のシュライカー大阪vsペスカドーラ町田が行われ、3-2で大阪が勝利し初優勝を飾った。

▽前日の第1戦で町田が3-2で勝利したことから行われた優勝を決する第2戦。その試合で負傷した町田のFP森岡薫はスタメンから外れるもベンチ入り。一方の大阪は、GK河内裕介が外れてFP今井翔がメンバー入りを果たした。

▽試合は大阪がやや有利な入りを見せ、5分に左サイドでカットインからFP仁井貴仁が思い切り良くシュートを放つ。これにゴール前のFP永井義文が触ってコースを変えてネットを揺らす。さらに7分には右サイドの深い位置でボールを受けたFPチアゴが、うまく反転してシュートを放つとゴール左隅に流し込んだ。

▽逆転優勝のためには3点が必要となった町田だが、前半終了間際に6つ目のファウルを犯して大阪に第2PKを与える。しかし、ここは守護神イゴールが渾身のセーブを見せると、直後には逆に大阪の6つ目となるファウルで町田が第2PKを獲得。森岡がきっちりと決めて、町田が1-2と点差を詰めて前半を終えた。

▽後半も早い時間帯に試合が動く。23分に右CKを獲得した町田はFP篠崎隆樹がゴール前に入れた鋭いクロスボールが相手のオウンゴールを誘発して町田が同点とする。あと1点に迫った町田は、連戦の疲れを感じさせるも最後の気力を振り絞る。大阪もしっかりと試合をコントロールしつつ、勝利での優勝決定に向けてゴールを目指した。

▽すると38分から町田は篠崎をGKに置いたパワープレーで、勝ち越しを目指す。しかし、残り5秒でチアゴのパワープレー返しが決まって勝負あり。レギュラーシーズンを1位で終えた大阪が、粘る町田を振り切って初優勝を飾った。