前線でボールを収めようと奮闘したセレッソ大阪FW杉本健勇

写真拡大

[3.4 J1第2節 浦和3-1C大阪 埼玉]

 力の差を見せ付けられての完敗だった。昨季J1で最多勝ち点を獲得した浦和のホームに乗り込んだ昇格組のセレッソ大阪だったが、特にシュート1本に抑えられた前半は攻守に圧倒された。

「ある場所、あるタイミングでプレッシャーを掛けていこうと話していたが、選手が恐れていた部分がある」。試合後に尹晶煥監督がそう振り返ったように、積極的にプレッシャーを掛けに行くのではなく、自陣深くにブロックを敷いて浦和の攻撃をはね返そうとする。しかし、「引いて守るにしてもラインが低すぎた」(DF山下達也)ため、浦和に押し込まれ続けて前半22分に先制点を献上した。

 ボールを奪って攻撃につなげようとも、ミスが散見して前線に運べない。前半37分にはDF丸橋祐介がFW武藤雄樹にボールを奪われて、その流れからFW興梠慎三にゴールを許すと、後半7分にはMF山口蛍が中盤でMF青木拓矢に奪われてカウンターを浴びると、FWラファエル・シルバに3点目を決められた。

 尹監督は「奪ったボールをすぐに失い、守備の時間が長くなり、攻撃が活発にならなかった」と振り返だけでなく、守備面でも「一発でバランスを崩される場面があった。組織的な練習をしてきたが、それができていない」と課題を挙げて唇を噛んだ。

「久し振りのJ1の舞台で、強豪の浦和との対戦で攻守で何一つちゃんとできた部分はなかった。反省して改善していかなければいけない」

 3点目を失って以降は後半14分にセットプレーから1点を返し、同28分にMF山村和也を投入してからは巻き返しを見せたものの、山口が「完敗」と話したように1-3のスコア以上に力の差を見せられた。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第2節1日目 スコア速報