ゆうばりでお披露目!

写真拡大

 小林直己(EXILE/三代目J Soul Brothers)、石井杏奈(E-girls)が映画「たたら侍」を引っさげ、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017」に参戦した。3月4日に本作の日本国内での初上映が行われ、錦織良成監督とともに舞台挨拶に臨んだ。

 LDHから青柳翔(劇団EXILE)、小林、石井がメインキャストとして参加した本作。鉄づくりの“たたら吹き”の高度な伝統技術が伝わる村に育った男が、侍を夢見て外の世界に飛び出すも、挫折や苦難を経て、村に戻り、村を守るために戦う姿を描きだす。

 本作で映画初出演を果たした小林は「ずっと映画に参加したかったので、夢がかないました」と喜びを語った。撮影は錦織監督の故郷でもある島根県の奥出雲の山奥に、村をまるごと作って敢行。錦織監督は「CGでは表現するのが無理なことばかりだったので作った」と語る。鉄づくりのシーンもCGなしで、職人を呼んで撮影したという。

 若年層に敬遠されがちな時代劇だが、エグゼクティブプロデューサーを務めたLDHのHIROから「本物を作れば若い人もわかってくれる」と言われたと明かす。そのHIROからは撮影中、様々な差し入れがあったそうで、人里離れた山奥で働くスタッフのため「コンビニを差し入れてくれたこともあった」と明かし会場は驚きに包まれた。

 青柳演じる伍介の幼なじみ・新平を演じた小林は最も印象に残ったシーンとして、2人で村を出ていこうとするシーンを挙げ「生まれた場所から出ていく者と出ていかない者の生き方が分かれる。僕も、EXILEの仲間と出会ったのは、生まれ育った場所から出てからだったので、感じることがあった」と自身と重ねながら感慨深げだった。

 石井は伍介の許嫁のお國に扮したが、巫女として舞を披露する場面も。E-girlsではスピード感あふれるパワフルなダンスを踊るが「普段と違ってゆっくり踊るのが大変でした」と述懐。また、山場となる雨中のシーンについて「全員が『いいものにしよう』と思いながらやっていて、いま思い出しても幻のよう」と振り返っていた。

 錦織監督は、小林について「EXILEの人はダンスはうまいけど(演技は)どうなの? と思われるかもしれないけど、存在感があり侍でした。新ヒーローが誕生した」と称賛を贈った。

 「たたら侍」は5月20日より公開。