農業委員会提供

写真拡大

(台北 4日 中央社)台湾の卓球選手、江宏傑さんがこのほど、行政院(内閣)農業委員会から「台湾産農産物PR大使」に任命された。千葉・幕張メッセで7日に開幕する「フーデックスジャパン2017」に合わせて訪日し、台湾産農産物の魅力を日本に伝える。

フーデックスジャパンには高雄市や台中市など8県市が参加。共同で農産物を売り込む。

農業委員会は、江さんを起用したPR映像を製作。江さんが妻・福原愛さんのためにサラダ作りに挑戦するというストーリーで、映像には雲林産のレタス、高雄産のパイナップル、台中産のドライ龍眼など台湾各地の豊富な食材が登場している。サラダの名前は「“愛”の台湾味」。

江さんは6日に千葉県内で行われる農業委員会主催のPR会見に出席する予定。

(編集:名切千絵)