Ara、女優としての新しいスタートに期待「チョン・ウソン、イ・ジョンジェら先輩たちがアドバイスしてくれる」

写真拡大 (全2枚)

女優Araがグラビアを通じて深い雰囲気をアピールした。

ファッションマガジン「ELLE」は、最近放送終了となった青春時代劇KBS 2TV「花郎(ファラン)」のヒロイン、Araの魅力を盛り込んだグラビアとインタビューを公開した。グラビアでAraは、シンプルなニットトップスとパテント素材のスカート、オーバーサイズのレザートレンチコートなどを着こなしながら、シックで成熟した魅力をアピールした。特にクローズアップカットでは、真っ白な肌と完璧な左右対称の美貌が輝いた。

グラビア撮影と同時に行われたインタビューでAraは、本を読んだり絵を描くなど、日常の大半を叙情的な趣味で満たしていると伝えた。特に、本をたくさん買いたがるという彼女は「インターネットではなく、必ず書店に行って買うけれど最近書店がどんどんなくなっている。キャンドルを付けて本を読む時間が私を癒してくれる」と話した。

チョン・ウソン、イ・ジョンジェが共同設立した、アーティストカンパニーに移籍して話題を集めたAraは「俳優の道をずっと歩んできた先輩たちが、直接経験したことに基づいてアドバイスしてくれるからとても役に立つ。作品だけではなく、ファッションや芸能界の様々な部門に対するアドバイスをもらえると思う」と新しいスタートに対する期待を示した。

今後様々な変身を控えている女優Araのグラビアは「ELLE」3月号と公式ウェブサイトで確認できる。