MAX MOVIE側、カン・ドンウォンの人的事項露出に遺憾「公式な書き込みではない…混乱をもたらし申し訳ない」(全文)

写真拡大

MAX MOVIE側がカン・ドンウォンの人的事項の露出に対して遺憾の意を表した。

3日、MAX MOVIE側は公式報道資料を通じて公式サイトに露出したカン・ドンウォンの人的事項に関する書き込みについて「MAX MOVIEの公式な書き込みではありません。確認したところ、同書き込みは会員の一人が製作し、コミュニティに掲載した個人のコンテンツであり、MAX MOVIEの編集方向とは関係ない」と明かした。

さらに「同書き込みのイメージに使われたMAX MOVIEのロゴは、個人が任意で使用したものであり、MAX MOVIEはその会員に事実確認したあと、制裁措置を行う予定だ。今後、類似した事例が再発しないように、管理システムに徹する」と説明した。

さらに書き込みの内容には「A氏が民族問題研究所で発行した親日人名辞典に載っていることなどは、事実と大変異なる内容であり、意図的に誤解・歪曲される余地が大きい偏った見方により編集されているという点に、深刻な遺憾の意を表する」との立場を明かした。

現在同書き込みを削除したMAX MOVIEは今後の対策も伝えた。MAX MOVIEは「本件により事実と違う内容が拡散し、個人の名誉毀損が申告に懸念されているため、メディア、ポータルサイト、ブログなどへの2次拡散を防ぐためにMAX MOVIEが積極的に対応している。この過程でポータルサイトのルール上、書き込みに言及された俳優の名前宛に要請書が発送された点も、MAX MOVIEが責任を痛感しており、謝罪したい」と話した。

これに先立ってカン・ドンウォンの所属事務所であるYG ENTERTAINMENT側は、カン・ドンウォンに関する書き込みの削除要請を行う過程で発生した議論について謝罪した。

以下、報道資料全文である。

こんにちは。MAX MOVIEです。

2月27日、MAX MOVIEのサイトに露出された「俳優人的事項」に関する書き込みについて、MAX MOVIEが公式立場を申し上げます。

1.まず、問題になったその書き込みは映画メディアMAX MOVIEの公式な書き込みではありません。MAX MOVIEが確認したところ、同書き込みは会員の一人が製作し、コミュニティに掲載した個人のコンテンツであり、MAX MOVIEの編集方向とは関係ありません。

2.同書き込みのイメージに使われたMAX MOVIEのロゴは、個人が任意で使用したものであり、MAX MOVIEはその会員に事実確認したあと、制裁措置を行う予定です。今後、類似した事例が再発しないように、管理システムに徹します。

3.特にA氏が民族問題研究所で発行した親日人名辞典に載っていることなどは、事実と大変異なる内容であり、意図的に誤解・歪曲される余地が大きい偏った見方により編集されているという点に、深刻な遺憾の意を表します。

4.提携会社である映画コミュニティに掲載されたイシューコンテンツがMAX MOVIEサイトに「転載」という形で掲載されましたが、書き込みの内容が問題あることを把握し、直ちに削除しました。

5.本件により事実と違う内容が拡散し、個人の名誉毀損が申告に懸念されているため、メディア、ポータルサイト、ブログなどへの2次拡散を防ぐためにMAX MOVIEが積極的に対応しています。この過程でポータルサイトのルール上、書き込みに言及された俳優の名前宛に要請書が発送された点も、MAX MOVIEが責任を痛感しており、謝罪いたします。

6.MAX MOVIEで公開された書き込みにより、物議を醸したことについて、関連した皆様にもう一度深くお詫び申し上げます。さらに、映画メディアMAX MOVIEのすべての読者、会員の皆様にも混乱をもたらし大変申し訳ございません。これからMAX MOVIEは、書き込みをより慎重に管理いたします。

7.最後に、本件により個人への深刻な名誉毀損をしかねない内容が再拡散することのないよう、もう一度すべてのメディア関係者の皆様にご了承願います。

カン・ドンウォン、曽祖父に関する「書き込み削除」が議論に…事務所が謝罪