写真提供:マイナビニュース

写真拡大

関西ジャニーズJr.と松竹の映画第4弾『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!』(8月26日公開)の製作が4日、大阪松竹座で発表された。

同作は、2013年3月公開の『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!』から始まった、関西ジャニーズJr.と松竹とのコラボ企画第4弾となる。

幼馴染みの高浜優輔(西畑大吾)と稲毛潤(藤原丈一郎)は売れない漫才コンビ「エンドレス」を組んで頭角を表すも、いつの間にか「売れることがすべて」と考える高浜と、お笑いが好きな稲毛との間がぎくしゃくし始める。

一方、お笑い養成所で同期の三人組「ピンクらくだ」(向井康二、室龍太、草間リチャード敬太)が突然ブレイク。稲毛は自分がお荷物ではないかと悩むが、人気下降に苛立つ高浜は、幽霊が出るとうわさの旅館「たつのや」で強化合宿をしようと提案する。さらに「ピンクらくだ」も怪しい霊媒師とともに心霊スポットロケで宿泊することになる。

主題歌は関西ジャニーズJr.による「おみくじHAPPY!」で、TVドラマ『釣りバカ日誌』の石川勝己監督がメガホンを取る。他、正門良規、小島健、道枝駿佑、長尾謙杜、高橋恭平、嶋粼斗亜、濱口優(よゐこ)、中西茂樹・那須晃行(なすなかにし)、浜中文一、森脇健児、森口瑤子が出演する。

公開が発表された大阪松竹座は「関西ジャニーズJr. 春のSHOW合戦」が公開初日を迎えていたが、向井がセリから登場し、サプライズプレゼントがあると報告。公演に出演予定のなかった室、道枝も参加し、観客を喜ばせた。

西畑は「今回は漫才ということで、文字通り、笑いあり、涙あり の映画になってます。僕も自分の出てるシーンでちょっと泣いてしまいました」と笑顔に。「昨年の11月前半に撮影したのですが、他の映画を2作品(『PとJK』『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』)撮影した後だったので、その経験を踏まえて、培ったものが出せたのではないかと思います」と自信を見せた。

向井が「今までの作品とは違う雰囲気」で「しっかり芝居場もありますし」と説明すると、室も「前作の『関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ!』よりパワーアップしてますよね」と同意。藤原は「前作では出演シーンが短かったのですが、今回は(西畑)大吾とコンビを組んで漫才をしました」と報告し、「日頃大吾とは漫才はしないので、合間をみて二人で漫才の練習もしたりして、楽しかったです」と撮影を振り返った。

また、草間も「僕も今回は出演シーンが多いです」と喜び、「いつもは、龍太君と丈一郎と組んで漫才をしているのですが、今回は龍太君と(向井)康二とのトリオコントだったので、様子の違う漫才で新鮮でした」と撮影の感想を述べる。「ボケとツッコミ役も決まってなくて。映画の中で自分たちで考えた漫才も映画の中で披露してます」とアピールした。