高卒ルーキーDF杉岡大暉がプロ初ゴールを決めた

写真拡大

[3.4 J2第2節 湘南3-1群馬 BMWス]

 湘南ベルマーレがホームでザスパクサツ群馬を3-1で下し、開幕2連勝を飾った。群馬は連敗となった。

 高卒ルーキーが抜群の存在感を見せている。名門・市立船橋高の主将として今冬の全国高校選手権にも出場した湘南DF杉岡大暉は、2月28日の水戸との開幕戦でもスタメンデビュー。そしてホーム開幕戦となったこの日も、スターティングメンバーに名を連ねた。

 すると前半11分、左サイドでボールを持った杉岡は、ドリブルを開始。一回出したスルーパスはDFの網に引っ掛かったが、勢いのままエリア内で縦に仕掛けると、細かいタッチで相手をかわす。左サイドの角度のないところから左足を振りぬくと、ボールは見事に逆サイドを捕らえ、湘南の先制点になった。

 さらに湘南は後半4分に獲得したPKをMF高山薫が決めて加点。1点を返されて迎えた同28分にはMF菊地俊介のスルーパスからオーバーラップした高山がこの日2点目を蹴り込み、勝負を決めた。

 驚異のドリブル突破からプロ初ゴールを奪い、ホームに集まった湘南サポーターの心を一気に掴んだ杉岡は「いい形で上がっていけた。振りぬけてよかった」と充実の汗を拭った。

 一方の群馬は開幕戦を4失点、そして2試合目も3失点と守備の課題を露呈してしまった。だが収穫もあった。期待のルーキー、昨季の関東大学リーグ1部得点王のMF高井和馬が後半10分、MF岡庭裕貴のシュートのこぼれ球を拾うと、横ドリブルで相手を外して左足シュート。プロ初ゴールを決めた。一昨年は江坂任、昨年は瀬川祐輔(ともに大宮)が背負った“出世番号”を付ける大卒ルーキーの得点は唯一の光だ。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ