岐阜戦で移籍後初ゴールを狙ったが決められず。悔いの残る一戦となった。写真:徳原隆元

写真拡大

[J2リーグ2節]名古屋 1-1 岐阜/3月4日/豊田ス
 
 公式戦初となる岐阜との“名岐ダービー”に臨んだ名古屋は、相手の素早いパス回しに後手を踏み、終了間際の内田のゴールで辛くも勝点1を獲得した。

【名古屋 1-1 岐阜 PHOTO】"木曽川の合戦"は痛み分け。名古屋が内田、岐阜はパウロがゴール

 佐藤寿人は率直な想いを試合後に吐露した。
 
「岐阜があんなにつないでくるとは思わなかった。自分たちのやりたいサッカーをスタートからやられてしまった。守備の部分でもう少し自分たちで判断して、修正できれば良かった。相手にボールを持たれた時になかなかボールを奪えずに体力をロスしてしまった。内容は良いと言えない。むしろ岐阜がやりたいことをやって、自分たちはできなかった」
 
 序盤から岐阜の素早いプレスにパスをつなげられなかった点も指摘する。
 
「ハイプレッシャーでこられるということは、目線を変えれば、その先が空くということ。そのイメージを持てるかが今後の課題。相手のプレスを利用するくらいの余裕がなければいけなかった。岐阜のほうが(プレーに)遊びがあった。
 
 もっと人と人がつながらなくちゃいけない。今はふたりでつなぐ形で終わってしまっている。それが3人、4人と増えていかなくてはいけない。選択肢が増えれば、もっと余裕ができる」
 
 そして試合を通じて感じたのは、ある選手の奮闘だったという。
 
「前半で最も走っていたのはタマさん(玉田)だった。タマさんは得意のプレーではないのに、あれだけスプリントしてくれた。フィールドで最年長の選手があれだけやっているのだから、周囲はもっと闘わなくちゃいけない。その闘うというところは最低限のこと。全員がタマさんのプレーを見て感じ取って、それぞれが特長を出していかなくてはいけない。今日は勝点1を得ましたが、みんな悔しい想いをしたはず。次に対戦する時は自分たちのサッカーで上回りたい」
 
 佐藤が力強く語るように次回の名岐ダービーの戦いも注目となる。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)