ラリーではサーキットレースのように「車が整列し、レーススタート→ゴール」し、「一番早くチェッカーを受けた人の勝ち」ではありません。今回はラリー競技の進行を確認しましょう。

1

ラリーは時計に挑む競技。サーキットのピットのような場所「サービスパーク」を起点に開催されます。

ラリーカーは全ての移動時間をTC(タイムコントロール)で管理されます。朝、パルクフェルメ(車両保管)が解除されると、サービスパークのTCを通過、タイムカードに最初のSSへの到着時間が記入されます。

全てのSSの前後にもTCがあり、SS前のTCには遅刻はもちろん早着もペナルティー対象で、タイム加算となります。

次のSSまでの移動は自走(リエゾン)です。一般道ですから法定速度を厳守です。

元WRCチャンピオンのペター・ソルベルグ選手は、リエゾン中の速度違反でWRC開催中に免停となってしまい、コ・ドライバーに運転をかわってもらうという失態をおかしたことがあります。一般道でのスピードはくれぐれも控え目に、ですね。

SS前のTCでタイムカードのチェック受けると、いよいよSSです。

SS区間はタイムアタック!車の持てる力をフルに引き出します。

WRCでは20km以上の距離がSSとして設定される事もあります。試走は2回だけ。しかも法定速度。他のSSもあるのですから、コドライバーがペースノート読んでくれないと、クラッシュか遅いタイムは避けられません。

ラリーカーは2分または1分おきにスタートします。ゴール地点を駆け抜け、SS後のTCでタイムカードにタイムと次のTC到着時間の情報を記入してもらい、次のSSへ向かいます。

競技中に一日一度はサービスパークに戻るルートが設定されます。その際に30分程の時間が取られ、整備・修理(選手は栄養補給&休憩)を行います。

 

このサービスパークに出入りの際もTCがあり、指定時間に遅れるとペナルティとなります。アクシデントや故障で競技が続行不能になるとレース同様リタイアとなります。

ただし、再出走が可能ならば「デイリタイア」を選ぶことで、翌日再スタートが可能となります。とはいえ、ペナルティは非常に重く、優勝争いに絡む事はほぼ不可能となります。

一日の競技が終了すると、車両は主催者により再び保管(パルクフェルメ)されます。通常はその前に1時間程の時間がとられるのでサービスで整備を受け、パルクフェルメに送り出します。

これを最終日まで繰り返し、総合タイムの最も速い車とクルーが優勝となります。

以上の流れがラリー競技の進行です。ラリーではサービスパークでラリーカーの整備を目の前で見る事ができます。

GAZOO RACING WRTではWRCでも整備作業をファンに見せることもサービスの一つと考えるそうです。タイミングが良ければ選手にサインをもらったり、話を伺う事もできるかもしれませんよ。

ただし、サービスパークの中は競技車両の通行が優先。ラリーカーの移動とチームの作業を邪魔しないように見学しましょう。

(川崎BASE)

【関連記事】

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)が勝った「WRC」って、どんなラリー?【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その1】
http://clicccar.com/2017/02/16/444791/

トヨタ優勝で盛り上がる「ラリー」って、どんなモータースポーツなの?【今更聞けない!ラリーのイロハ・その2】(http://clicccar.com/2017/03/04/444864/)