柏原、明日は5打差を追いかける(撮影:福田文平)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 3日目◇4日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>
国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス 」3日目。トータル2アンダー・6位からさらに上位を狙った柏原明日架。前半は順調にスコアを伸ばしたものの、バックナインは波のあるゴルフでスコアメイクに苦しみ、首位の川岸史果と5打差のトータル4アンダー・7位で最終日を迎えることとなった。
上位陣から美人プロまで!大会3日目の「ライブフォト」
「前半はショットが安定し、ピンチもほとんどなく。チャンスを沈めて、良いリズムで淡々とプレーできていましたが、後半はティショット、セカンドとミスがあって…」と2バーディ・3ボギーのバックナインを悔やんだ柏原。
開幕前から「本当に早く優勝が欲しい」としっかりと結果を出すために臨み、予選ラウンドを終えて好位置。優勝を意識してしまう展開だったが、「ラウンド中は考える余裕はなかったですね。良い意味で集中していました。1打のミスが悪い流れになりやすいコースなので」と、集中力に問題はなかった。しかし、昨年からの課題であるグリーンを狙うショットで時折起こる、左へ大きく曲げてしまうミスで失速してしまった。
優勝圏内ギリギリの位置だが、「ベストを尽くせるようにしっかりと調整するだけです」と前を向く。自身の上には川岸だけでなく、アン・ソンジュ、イ・ボミ、李知姫(ともに韓国)ら強敵が揃っているだけに、最終日の逆転にはビッグスコアが必要になる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

川岸史果が首位で最終日へ!イ・ボミは3打差4位
イ・ボミ、異常な低体温も守り続けた決まり事「自分に重圧をかけない」
【どこよりも早いスイング解説】悪癖が改善されたアン・ソンジュ 今年は大活躍の予感!?
パットで球が飛ぶ!! 上田桃子が試す新たな武器
女子ツアーの写真をもっと見たい方は「写真館」をチェック!