恋愛上級者、小悪魔女子から学ぶ恋愛テクニック! 前回に引き続き、後編をご紹介します。

小悪魔女子の華麗な恋愛テクニック

1: ツッコミ上手だけど褒め上手

・「小悪魔な子って、落としてから上げるのがうまい。仕事でドジした俺に『やっちゃったね! 天然すぎ!』とさんざんからかったあと『だけど、いつもまわりをみてるし、お客さんから信頼されてるから大丈夫』って褒めてくれた。俺のことをちゃんと見てくれてるんだなって思って、嬉しかった」(27歳/男性)

▽ 最初にズバッと本音をいったからこそ、褒め言葉に説得力が増すのです。アメとムチの使い方が絶妙、ちょいSなのが小悪魔女子の特徴です。

2: 目をじっと見る

・「会話のとき、まっすぐ目を見つめられると動揺する。なぜか相手の子がかわいくみえてくるんだよね」(28歳/男性)

▽ 男性にとって、女の子と見つめあうのはキスをする瞬間。だから、見つめられるとついドキドキしてしまう、という説もあるみたいですよ。誘惑したい彼がいたら、じっと目を見つめてみましょう。

3: ワガママだけど、悪口は言わない

・「ワガママだけど、絶対に人の悪口を言わない彼女。ああ見えて、じつはけっこう優しくていい子なんだよね」(30歳/男性)

▽ 小悪魔女子はワガママですが、人の悪口を言わないのです。そんなに人に興味がないのが特徴。好き勝手やっているようにみせておいて、「本当はいい子」と思わせるテクニックです。

4: 甘え方がとにかくかわいい

・「普段、強気な彼女が『10秒でいいから頭なでて』って言ってきたとき。10秒たったのでやめたら、『やっぱり30秒!』って抱きついてきてかわいかった!」(27歳/男性)

▽ いつも強気に振る舞っていても、甘えるときはとことん甘えるのが小悪魔女子。普段とのギャップがいいのです! 彼と二人きりのときは、甘えるチャンス! 思いっきり女の子らしい表情をみせましょう。

5: デートの希望を伝えたら、あとはおまかせ

・「行きたい場所とか、食べたいものを伝えたら、あとのセッティングは彼におまかせ。自分でお店を予約するなんてありえない。女の子はお姫さま扱いしてもらわないと」(25歳/女性)

▽ 女の子はお姫さま扱いされて当然、という小悪魔女子。「なにをしたら彼女が喜ぶのか」と考える習慣を、彼につけさせることが大切らしいです。いったい、その自信はどこからくるの!?

6: 1人の男に依存しない

・「恋愛に失敗する子って、1人の男性に執着しすぎなんだと思う。もっといろんな男性と仲良くすればいいのに。『この人以外にも、ステキな男性はたくさんいる』って思ってないと、男からナメられるよ」(25歳/女性)

▽ 嫌われたくないと思って、言いたいことを言えなかったり、尽くしすぎてしまったり……。そんな女子の失敗は、1人の男性に執着しすぎることが原因です。もっとステキな男性はいるし、自分を好きになってくれる男性もたくさんいる。確固たる自信を身につけてこそ、小悪魔女子になれるのです。
余裕がない女子はモテません。男性を翻弄させるには、自信と余裕が必須なのです。