春デニムは、ライトブルーのカットオフ

写真拡大

365日デニム派なら、気分でデニムを履き替えたい。

花が咲いたり、風が気持ちよかったり。とにかくさわやかな気持ちにさせてくれる春にはまるのは、ライトブルーのデニム。

そして、さらにリラックスした気持ちにさせてくれるのが、裾が切りっぱなしのカットオフデニム。2015年頃から本格的にトレンドインしましたが、その傾向はいまだ衰えず、です!

春はライトーブルーでカットオフのデニムが気分

東京女子の制服といってもいいくらいのデニム。春は、ライトブルーでカットオフが気分です。

「あれ? 糸出てるよ」と言われても、気にしないで履いてOK。むしろ、そこがポイント! くらいの気持ちで。

アレクサ・チャンのようにシンプルなVネックを合わせれば、カットオフもきれいめな印象になる。

少し肌寒い日はショートブーツとカットオフデニム。ブーツとデニムの境目をラフにして、カットオフが見えるのがポイント。

グッチのロゴTにジャケットとヒール。カットオフデニムで、きちんと感が一気に中和される。

Vansのハイカットスニーカーとカットオフデニム。休日の公園でダラダラ過ごしたくなる足もと!

ひざ下がきれいに見える、スタニング ルアーのカットオフデニム

東京にカットオフデニムのトレンドをリードしてくれているのが「STUNNING LURE(スタニング ルアー)」のヘリテージデニム。

股上は浅すぎずハイウエストすぎもしないちょうどよさや、とひざ下をきれいに見せてくれるデザイン、くるぶし丈の長さなど、買ったその日からすぐに履きたくなるデニムです。

デニムさえ決まってしまえば、ニットやTシャツ、タンクトップと気分によって合わせていけばいいだけ。自分がいちばんリラックスできるデニムとの出会いって、運命かも! って思えるくらい貴重です。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・365日デニム。この春はトップスもデニムも薄めワントーンが気分

・春へ一歩。ミントグリーンのトップスでさわやかさ香る

・素足。網タイツ。靴下チラ見せ。春は足もとから始める