敵地で広島撃破…勝利を喜ぶ清水・小林伸二監督「じれずに頑張った」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、清水エスパルスは敵地でサンフレッチェ広島と対戦し、1−0で勝利を収めた。

 清水はスコアレスで迎えた53分に鄭大世がPKを決めて先制に成功すると、広島に押し込まれる苦しい時間をなんとか耐え抜き、J1復帰後初勝利を飾った。

 敵地で白星を手にした清水の小林伸二監督は試合後のインタビューで以下のようにコメントしている。

「後半の入りが良くて、それでリズムを作ったのではないかと思います。当然、点を取った後の広島さんの精度は高いので、そこでうまく全体で守備をやってくれた。じれずに頑張ってやれたなと思います」

「広島さんに勝ったというのはすごく大きいので、アウェーとは言え、新潟戦にはいい準備をして臨みたいです」

 清水は11日に敵地でアルビレックス新潟と対戦する。