バースデーゴールで清水を勝利に導いた鄭大世「天が僕に味方してくれた」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、清水エスパルスは敵地でサンフレッチェ広島と対戦し、1−0で勝利を収めた。

 清水はスコアレスで迎えた53分に、鄭大世がPKを決めて先制に成功。その後は広島に押し込まれる苦しい時間が続いたが、この1点を守り切って、J1復帰後初勝利を飾った。

 決勝ゴールを挙げた鄭大世は試合後のインタビューで、「今日は開幕戦より硬さがなくて、得点の匂いがしていた」と振り返ると、「PKではありますけど先制して、組織で守り切って1−0で勝利できたことは、今後の自信になります」と満足気に語った。

 また、3月2日に33歳の誕生日を迎えた鄭大世にとっては、嬉しいバースデーゴールとなった。「天が僕に味方してくれたと思います」と笑顔を見せた同選手は、「J1では簡単に勝たせてくれない強いチームがたくさんいる。でも全員の力で一丸となって戦えば必ず勝利が巡ってくると痛感したので、今後も継続していきたいです」と次戦への意気込みを語った。

 清水は11日に敵地でアルビレックス新潟と対戦する。