武田幸三が乳首ドリルに挑戦

写真拡大

 吉本新喜劇の座長すっちーと元格闘家の俳優・武田幸三がダブル主演した人情コメディ「よしもと新喜劇映画 商店街戦争 SUCHICO」が3月4日、全国7館で封切られ、すっちーと武田のほか、共演の松本穂香、高野祐衣、吉田裕、三木美加子、メガホンをとった谷口仁則監督が東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で初日舞台挨拶を行った。

 同作は、吉本新喜劇の座長をつとめる人気芸人すち子(すっちー)と、熱血すぎてトラブルばかり起こしてしまう刑事・春日(武田)が、ひょんなことからコンビを組んで一緒に難事件を捜査するバディムービー。武田が撮影を通じて仲を深めたはずのすっちーと「まだ1回も飲みに行ってないんですよ」とグチをこぼすと、すっちーは「自分はかなり非社交的な人間ですから。人と長時間喋るのが苦手」と意外な一面を告白。「確かに、たまに死んだ魚のような目をしていますよね」と武田にツッコまれていた。

 谷口監督は「最初に企画をいただいた時に提示されたのは、(吉本新喜劇のイメージを)裏切ってくれということ」と述懐。「吉本新喜劇の方って、勿論お笑いに特化しているんですけど、役者としても可能性を感じる部分があるんです。笑いの裏にある怖さを上手くちりばめられた。そして吉本新喜劇の映画だと思って見にきた人が『思っていたものと違かった』と感じるような作品を目指しました」と語っていた。

 この日は、“タイキックを受けると幸せになる”という謎の都市伝説にちなみ、武田が吉本新喜劇の舞台でも活躍する吉田に強烈なキックをお見舞いすることに。現役時代“超合金”の異名で活躍した武田が、「そんな都市伝説、誰が言っているの?」という周囲の疑問をさらりと受け流し、容赦なくキックを放つと吉田は思わずもん絶。さらに吉田はすっちーとともに鉄板ネタ“乳首ドリル”を披露し、観客の笑いを誘っていた。

 そして、武田はすっちーにもタイキックをお見舞いしようとするが、思わぬ展開に。「タダではやらない」というすっちーは、武田を巻き込んで“乳首ドリル”の流れに持っていった。悪ノリした武田は上着を脱いで“乳首ドリル”に挑戦。まるで吉本新喜劇の舞台を見ているかのような完璧なネタを演じると、すっちーが「実は武田さん、“乳首ドリル”覚えてくれたんですよ。こんなこと覚えても一銭の得にもなりませんけどね」と暴露していた。