磐田、今季ホーム開幕戦は黒星…仙台が奥埜の鮮やかミドルで連勝飾る

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、ジュビロ磐田とベガルタ仙台が対戦した。

 前半から試合を優位に進めたのはホームの磐田だったが、チャンスを生かし切ることができず、0−0のままハーフタイムを迎えた。

 試合が動いたのは74分。敵陣でFKを得た仙台は、ゴール前で混戦となった状況で石原直樹がボールキープ。その石原が後方に落としたボールをエリア手前中央の奥埜博亮が右足で狙うと、このシュートが右ポストの内側を叩いてネットを揺らした。

 結局この得点が決勝ゴールとなり、試合は1−0で終了。仙台が開幕2連勝を飾った。

 次節、磐田は11日に敵地で大宮アルディージャと、仙台は同日にホームでヴィッセル神戸と対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 0−1 ベガルタ仙台

【得点者】
0−1 74分 奥埜博亮(仙台)