大観衆のアウェーゲームを振り返る尹監督「少し気が引けてしまった」

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、浦和レッズとセレッソ大阪が対戦した。

 武藤雄樹、興梠慎三、ラファエル・シルバの得点で3点のビハインドを背負ったC大阪は、59分にマテイ・ヨニッチが1点を返したものの、3−1で敗戦を喫した。

 試合後、C大阪を率いる尹晶煥監督がインタビューに応じている。

「選手たちは最後の最後までよく走りきって戦ってくれました。でも、このスタジアムの雰囲気に圧倒され、少し気が引けてしまって、身体も固まっているようにも見えました」とアウェーでの一戦を振り返った。

 次節に向けては、「これから選手たちはもっと経験を積み重ねていきますし、次節はもっといい試合ができるように頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。