北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は3日、朝鮮中央通信とのインタビューを通して 、米国内で北朝鮮を「テロ支援国」に再指定するかどうかが議論がされていることに猛反発した。

スポークスマンは、「わが共和国政府はすでに、国際社会にあらゆる形態のテロとそれに対するいかなる支援も反対するという原則的な立場を明白にし、それを実践で一貫して見せている」と主張。

続けて、「にもかかわらず、テロと何の縁もないわれわれに『テロ支援国』のレッテルを張り付けようとするのは、われわれに対する体質的な拒否感と敵対的態度の表現としか見られない」と米国の姿勢を非難した。

そのうえで、「米国が世界を牛耳りながら気に入らない国々に各種の不法のレッテルを張り付けて抑圧していた時代はすでに過ぎ去った」「米国は尊厳あるわが共和国にむやみに言い掛かりをつける代価がどんなに過酷なものかを痛感することになるであろう」と強調した。