嬉しい移籍後初ゴールが決勝点に。ボランチとして絶大な存在感を放つL・シルバのゴールで、王者・鹿島が久々の勝利を手にした。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ2節]甲府0-1鹿島/3月4日/中銀スタ

 FC東京との開幕戦を落とし、その後のACL2節のムアントン・U戦も惜敗。公式戦2連敗で迎えた甲府との一戦で悪い流れを断ち切りたかった鹿島は、1-0で久々の歓喜を味わう。勝利の立役者となったのは、新加入のレオ・シルバだった。
 
 63分、ペナルティアーク付近で金崎夢生からのパスを受けると、迷わず右足を一閃。強烈なシュートがネットを揺さぶった。
 
「左サイドから(ボールが)中に運ばれてきて、金崎選手にはパスを要求しました。イメージ通りにコントロールできて、あとは決めるだけでした」
 
 勝点3をもたらす嬉しい移籍後初ゴールを決めたボランチは、この日の活躍に満足せず、次の戦いに向けて意気込みを語る。
 
「このアントラーズというチームは、常に勝利を目指しているので、どの試合もしっかり戦っていきたい。連戦が5試合続いて、その最後の試合を勝利で終えられて良かった。次に向けても準備したいです」