寝不足が続くと食傾向が肥満体のそれに近づいていく

写真拡大

「寝不足は太る」とよく言われます。これは多くの研究で明らかになっている事実で、例えばもっとも有名なのは2004年にスイスで行われた調査でしょう(1)。

 これは27才の男女500人を対象にした長期研究です。全員の体型を13年にわたって記録し続けたところ、1日の睡眠が平均で7時間以下の人は、それより多く寝ている人にくらべて、なんと約8倍もデブになる確率が高かったとか。適切な睡眠は、かっこいい体型を保つためにも必須なのです。

 寝不足がデブにつながる原因は、実はまだハッキリとはわかっていません。現時点で可能性が高い説は以下の3つです。

・睡眠のリズムが不規則な人たちは、ポテトチップスのようも不健康な食品を好むケースが多い
・睡眠が足りないと、食欲をコントロールするホルモン(レプチンやグレリンなど)のバランスが崩れる
・寝不足になると脳がドーパミンに反応しづらくなり、いくら食べても満足しなくなってしまう

 どの考え方にも有力なデータがあり、現時点で明確な原因を特定することはできません(2)。しかし、「睡眠が足りないと摂取カロリーが増える」というポイントは、すべての説に共通しています。細かい仕組みはどうあれ、寝不足によって思ったよりも食べ過ぎてしまうのは間違いないでしょう。

◆睡眠時間6時間以下の人は過剰にカロリーを摂る傾向が

 もっとも、単に「寝不足は太る」と言われても、具体的にどれぐらい体型に悪影響があるのかは判断できません。大まかにでも具体的な数値がわかっていたほうが、なにかと対策も立てやすいはずです。

 そこで参考になるのが、2016年にロンドン大学が行った研究です(3)。

 これは、過去に行われた「睡眠と食欲」に関する質が高い研究11件をまとめ、約500人分のデータを分析した系統的レビュー。「寝不足でどれぐらい太るのか?」という疑問については、現段階でもっとも信頼できる内容と言えます。

 この研究で精査された実験のデザインは、ざっくり以下のようなものです。

1:参加者の睡眠時間を、1日3.5〜5.5時間に制限する
2:そのまま一週間ぐらい過ごしてもらい、摂取カロリーの変化を調査
3:睡眠時間が1日7〜12時間ぐらいの人と、食事の量をくらべる

 その結果わかったのは、まず平均の睡眠が6時間以下の人は、1日におよそ385kcalの食事を余計に食べているという事実でした。つまり一晩の寝不足ごとに、だいたいオニギリ2個分のカロリーを余計に摂ってしまうわけです。

◆寝不足18日ごとに脂肪が1堊える

 かといって代謝や運動量が増えるわけでもないので、増えたカロリー分は体脂肪となって蓄積されていきます。あくまで単純計算ですが、寝不足が18日続くごとにおよそ1kgの脂肪が増えるイメージです。

 さらに、この研究の内容でおもしろいのが、寝不足のせいで味覚まで変わってしまうことが明らかになった点でしょう。具体的には、1日の睡眠が6時間を切ると以下のような変化が起きます。

・脂肪がたっぷりの食品を好むようになる
・逆にタンパク質の摂取量は減ってしまう
・炭水化物の好みには影響が出ない

 どうやら寝不足のストレスが続くと、自然に体がケーキやマヨネーズといった高脂肪食を欲し始めるようです。怖いですねぇ。

◆どうしても徹夜したいならヨーグルトなどを

 この結果について、研究者は言います。

 『肥満の最大の原因は、摂取カロリーと消費カロリーのアンバランスだ。今回の研究は、このアンバランスが、睡眠不足によって引き起こされることを示している』

 寝不足による肥満の問題を防ぐには、もちろん究極的には睡眠を改善するしかありません。日々のスケジュールを見直し、ぜひ「睡眠時間の確保」を最優先にしてみてください。