2017年に「来るかくるか!?」と噂されていた「250ccアドベンチャー戦国時代」に、カワサキも参戦です!

1

待望の250ccクラスのアドベンチャーバイク「VERSYS-X 250」が新発売されます!

今回はまず「VERSYS-X 250 ABS TOURER」という、長距離ツーリングに最適なオプションを満載した「旅バイク」仕様のモデルが3月に発売されます。

カラーリングはカワサキらしく、「キャンディライムグリーンxメタリックグラファイトグレー」のグリーン1色のみ!

「Ninja250」などと同型のパラレルツインエンジンは、低回転域でのパワーとスムーズな粘り強さを獲得し、最高出力は「24kW(33PS)/11,500rpm」を発生するそうです。

車両重量は183kgと、250ccクラスとしては少し重い印象を受けますが、高回転まで回るエンジンによってどのような走りをするのか、とっても期待できそうですね。

ツアラーモデルには最初から「パニアケース」「エンジンガード」「ハンドガード」「DCソケット」「センタースタンド」など、オプションがフル装備でついてます。

燃料タンクも大型の17Lで、このバイクを買った瞬間から長距離ツーリングへ向かうのも夢ではありませんね!

ただ、写真で装着されている「PIAA製LEDフォグランプ」「実際の車両には装着されていない」とのこと! 欲しい人は別途オプションで買う必要があるので、注意してください。

オプションを装着しないスタンダードモデル「VERSYS-X 250 ABS」は、ツアラーモデルよりも少し遅れて4月に発売とのこと。

オプションが装着されてない分、車両重量が175gとツアラーモデルよりも8kg軽量化されているので、「街乗り中心」というライダーにはこっちがおススメでしょう!

こちらのモデルのみ、カラーは「キャンディライムグリーンxメタリックグラファイトグレー」と「メタリックグラファイトグレーxフラットエボニー」の2色が展開されます。


オプションは装着されておりませんが、逆にこちらのモデルは自分好みのバッグを着けたりケースをつけたりと、装備を選ぶ楽しさがあるかもしれませんね!

ついに日本でも発表された「VERSYS-X 250」、個人的にとても気になっていた1台です。250ccということで車検も必要ありませんし、荷物を積んでまったり長距離を走れるアドベンチャーバイクが欲しいと、ずっと期待しておりました。

これから、他のメーカーからも日本で発売されるであろう「250ccアドベンチャーバイク」にふさわしい1台を発表したカワサキ。筆者も早く試乗してみたい1台です!

発売日はツアラーモデルが3月15日、価格は683,640円。スタンダードモデルは4月15日、価格は629,640円となっております。

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

ついに出た!Kawasakiの250ccアドベンチャー「VERSYS-X 250」発表(http://clicccar.com/2017/03/04/445523/)