悲劇の元凶ともいえるふたりの母の愛憎

写真拡大

 2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で、北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長(33才)の異母兄・金正男(享年45)が殺されてから2週間。「遺体は金正男の影武者説」まで飛び出すなど、まるでミステリー映画のようなこの事件を、新聞やワイドショーでは、金正男と金正恩を巡る複雑な家庭環境とともに伝えている。

 北朝鮮における世襲制による「金王朝」の独裁は、金正男と金正恩の祖父にあたる金日成国家主席から始まる。彼は白馬に乗って抗日闘争を指揮した国民的英雄とされている。しかし北朝鮮の内情に詳しいジャーナリストの惠谷治さんは、「ねつ造」と指摘する。

「北朝鮮の公式伝記によれば、金正男と金正恩の父にあたる金正日総書記は、朝鮮半島北部の中朝国境にある聖山・白頭山で生まれたとされていますが、実際は日本軍に追われて満州から避難していたソ連で生まれています。

 公式には1942年生まれとされていますが、実際は1941年生まれ。妻については公式発表がなく、愛人が多くて情報が錯綜しています。それは、金王朝3世代にわたって同様のことがいえます」(惠谷さん)

 これは現在わかっている限りの情報を整理して作成したものだが、実際にはこれ以上に枝分かれした愛人やその子供がいるといわれている。金正男と金正恩についても「ふたりは会ったことはなく、直接話したこともなかった」といわれている。

「北朝鮮国民は徹底した情報管理の下に暮らしていますから、国の代表にこんなに妻や愛人がいることは知る由もありません。今回、金正男が暗殺されたことも、北朝鮮国民は知らされていません」(惠谷さん)

 異母兄弟だった金正男と金正恩。ふたりの母の愛憎が、今回の悲劇の元凶にあった。

◆精神不安定な金正男の母

 金正男の母・成ヘ琳(ソンヘリム)は、道行く人が見とれるほどのすば抜けた美貌の持ち主のスター女優だった。

「金正日が成ヘ琳を見初めた時、彼女は人妻で、娘は中学生でした。後に成ヘ琳の甥・李韓永が明かしたことですが、当時彼女は夫との愛のない結婚に失望していたんです。1969年には金正日が夫から彼女を略奪する形で一緒に暮らし始めています。そのとき成ヘ琳は33才、金正日は5才年下の28才でした。そして彼女が妊娠すると200坪ほどの豪邸を建て、本妻格として待遇しました」(惠谷さん)

 この豪邸は池や滝、シカが飛び回る広大な庭など贅が尽くされた。しかしその周りは、4mを超える塀と、その上には高圧電線が張り巡らされ、塀の外は15m間隔、塀の内側は30m間隔で警備員が配置されていた。1971年5月に生まれた金正男は、この要塞で母と子供時代を過ごした。

 著書に『金正日秘録』がある龍谷大学教授の李相哲さんはこう語る。

「女優で人妻だった年上女性との間に子供がいることは、金正日にとっては後ろ暗い事実でした。父の金日成や政権中枢を担う幹部たちに知れることは是が非でも避けたかったんです。息子を父に会わせたのは、誕生から4年も経ってからといわれています」

 そんな状況に成ヘ琳は精神が壊れていく。「こんな生活は嫌! お父様に会わせて」と泣き叫ぶものの、金正日は頑として受け入れない。慰めても言うことを聞かない彼女に、金正日はピストルを取り出し、「撃ち殺すぞ」と脅しつけたこともあった。

 一方で、疑惑の目をそらすために、1973年、金正日は父が認める女性と結婚する。相手は党中央本部のタイピスト・金英淑。当時26才だった。

「1974年に長女・金雪松が生まれ、金正日は彼女をいたくかわいがりました。晩年、金正日が最期まで頼ったのも金雪松といわれ、スケジュールの管理など自身の仕事もサポートさせていました。ともかく、金正日の結婚は成ヘ琳の耳にも入り、彼女の精神不安はますます悪化し、1973年にはモスクワで長期治療を始めます」(惠谷さん)

◆大阪生まれの金正恩の母

 金正恩の母・高英姫は、1975年頃から金正日のパートナーとして周囲に知られている。惠谷さんが説明する。

「彼女は1952年に大阪で生まれ、1960年10月に一家で北朝鮮に帰ってきた在日朝鮮人で、1970年代初めに『万寿台芸術団』に舞踊手として入団しました。目鼻立ちのはっきりした、スタイルのいい美人だった彼女を、金正日は一目見て気に入ったようです。

 金正日の執務室のテーブルの上には万寿台芸術劇場の訓練場と連結されたモニターがあって、彼はこの画面で練習中の高英姫を発見したと伝えられています。その後は彼女の練習室にやってきて、その姿を直接見守るほどの熱のいれようだったそうです」

 1980年、高英姫との間に、金正日にとっては次男となる金正哲が誕生。金正日はこの時期、同時に3つの家庭を持っていたことになる。女性関係が派手だった金正日が、生涯最も愛したといわれるのがこの高英姫だ。

「高英姫は在日で、最下層の階級でしたが、金正日の寵愛を一身に受け、強大な権力を手中にしました。美しいだけでなくとても聡明な女性でしたから、なんとか自分の息子が後継者になるよう動きました。

 というのも、金正日にも異母兄弟・金平一がいるのですが、金正日は金平一にものすごく嫉妬し、廃人状態にしたんです。さらに金正日は金平一と握手するなど、少しでも彼と親しくした人を粛清しました。それを目の当たりにしたから高英姫は自分の息子ではない金正男が後継者になることを恐れたのでしょう」(李さん)

 金平一は金日成の後妻・金聖愛の長男。北朝鮮で理想のルックスとカリスマ性を併せ持つ金日成の遺伝子を受け継いでおり、一時は金日成の後継者といわれていた。

 対して金正日の母・金正淑は、抗日パルチザン(遊撃隊)の一員で、金日成とともに国のために闘うなかで彼と結ばれた。小さな体で、決して美人ではなかったものの、金日成いわく、「遊撃隊にほかに女がいなかったから」。その母に似ているといわれていた金正日は、外見にコンプレックスを抱き、父似の金平一が疎ましかった。

「金正淑は金正日が8才のとき、4度目の出産がたたって亡くなるのですが、最期は医師の治療を拒んだ憤死でした。その1年ほど前から夫と金聖愛の不倫を知っていたといいます。

 その母の後釜に座った継母への憎しみは大きく、またその長男で、父の後継者といわれる金平一の存在は邪魔で仕方なかった。それで彼を追い詰めるのですが、高英姫は、そんな夫の過去を知っていただけに、金正男が政権を握ったら、自分の息子たちがどうなるか、ものすごく心配したんですね。

 成ヘ琳は相手にもしていなかったのですが、彼女の息子である金正男は脅威だったんです。金正男は一時期、祖父の金日成からかわいがられていましたし、金正日も長男を後継者にするのが順当だと考えていたはずですから」(李さん)

 その金正男が金正日から嫌悪されたきっかけこそ、女性問題だったといわれている。前出の李さんは、金正男の意外な一面を明かしてくれた。

「金正男はスイスに留学していた多感な時期、オートバイの後ろに金髪の女性を乗せたりしてかなり遊んでいたんです。女性関係も派手で、それが父にしてみれば自分を見ているようで嫌で、帰国命令を出したとの話もあります。

 その後、金正男が東京ディズニーランドに来ようと不正入国し強制退去させられたことがありましたが、それをリークしたのも高英姫だといわれています。金正男が世界中に恥をさらした姿を見せることで、父・金正日の信頼を失わせるのが目的でした」

 高英姫は当初、金正哲を後継者に推していたものの、彼はエリック・クラプトンの追っかけをするほどの音楽好きで、政治にはまったく興味を示さなかった。金正男が失脚するなかで、2011年12月、金王朝の三代目に指名されたのが金正恩だった。

※女性セブン2017年3月16日号