清水がJ1復帰後初勝利! 鄭大世のPK弾を守り切り広島下す

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第2節が4日に行われ、サンフレッチェ広島と清水エスパルスが対戦した。

 清水は11分、スルーパスに抜け出した鄭大世がペナルティエリア左から左足で狙ったが、シュートは枠の右へ逸れた。広島は42分に塩谷司がミドルレンジから強烈なシュートを放ったが、ここはGKがセーブ。前半をスコアレスで折り返す。

 試合が動いたのは53分。松原后がエリア内で倒されて獲得したPKを鄭大世がきっちり決め、清水が先制に成功した。

 後半は同点ゴールを狙う広島が敵陣に押し込む時間が続いたが、清水が最後まで体を張って守り切り、試合はこのまま終了。清水がJ1復帰後初勝利を挙げ、広島は2戦未勝利となった。

 次節、広島は11日にサガン鳥栖と、清水は同日にアルビレックス新潟と、それぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 0−1 清水エスパルス

【得点者】
0−1 53分 鄭大世(PK)(清水)