写真提供:マイナビニュース

写真拡大

第40回日本アカデミー賞の授賞式が3日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪にて行われ、監督賞&作品賞を受賞した樋口真嗣監督が、最優秀主演男優賞の佐藤浩市とともに取材に応じた。

最優秀作品賞、最優秀監督賞を含め、最多7部門の栄冠に輝いた映画『シン・ゴジラ』。樋口監督は「もらえるとは思ってなかったんです。ここに来られるだけでも十分幸せだったんですが……」と恐縮しきりで「あんまり幸せに慣れてないんです」と弁解。「反動が怖いんです。絶対なんかあるから」と、今後を不安がっていた。

「怪獣映画が作品賞に」と話題になった同作だが、樋口監督は「自分たちが一番、怪獣映画を撮ってるつもりがなかったのかもしれない」と語る。「一般映画として作って。恋愛だったり犯罪だったりと同じように、事件として怪獣が現れたらどうだろう、という話で」と説明し、「怪獣映画だったから、今までこうやってるから、こうしよう、ということを一回全部リセットした」と製作の裏側について語った。

庵野秀明総監督は仕事で欠席となったが、受賞については「報告しました」と笑顔に。庵野監督からも「一行だけ、おめでとうと。ただ一応、花吹雪が落ちてくるやつ(スタンプ)にはなってました」と明かした。「一応、花吹雪が落ちてたので、みんなで見てほっこりしましたね」と感想を語った。

佐藤は今回の結果について、日本アカデミー賞が「ちゃんと映画の賞として、独り歩きした賞になった」と感想を述べた。「アニメであったり、特撮ではないとは言いながらも特撮といったジャンルであったり、いろんな意味で融合的に映画として成立してきたな」と日本映画界の現状を振り返り、欧米の映画賞とは違う「日本ならではの形になってきた」と感慨深げな様子だった。

■最優秀賞受賞リスト
作品賞…『シン・ゴジラ』
監督賞…庵野秀明/樋口真嗣(『シン・ゴジラ』)
主演男優賞…(佐藤浩市『64-ロクヨン-前編』)
主演女優賞…(宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』)
助演男優賞…妻夫木聡(『怒り』)
助演女優賞…杉咲花(『湯を沸かすほどの熱い愛』)
アニメーション作品賞…(『この世界の片隅に』)
脚本賞…新海誠(『君の名は。』
音楽賞…RADWIMPS(『君の名は。』)
編集賞…庵野秀明、佐藤敦紀(『シン・ゴジラ』)
録音賞…中村淳、山田陽(『シン・ゴジラ』)
照明賞…川邊隆之(『シン・ゴジラ』)
撮影賞…山田康介(『シン・ゴジラ』)
美術賞… 林田裕至、佐久嶋依里(『シン・ゴジラ』)
外国作品賞…『ハドソン川の奇跡』