「新しいお友だちを連れて行かないで!」ウサギとカメがライバルではなくお友だちになっちゃいました

写真拡大

みんな知ってる昔話の「ウサギとカメ」。足の速いウサギと、足の遅いカメが競争をした結果、まさかのカメが勝利するというお話です。

そのイメージもあって、「ウサギとカメ」と聞くとライバル的なものを想像してしまいますが、こちらのウサギさんとカメさんはとっても仲良しみたいだよぉ〜!

【巨大なカメと小さなウサギが出会ったら?】

米アリゾナ州の5つ星ホテル「リッツカールトン ダブマウンテン」がFacebookページに投稿した「ウサギとカメ」の奇跡の出会いが話題を呼んでいます。

2月下旬のある朝、ホテルの施設内で飼育しているカメのワンバちゃんの小屋で、生後2週間ほどの小さなウサギさんが発見されました。寒い夜を乗り切るために、暖かい小屋の中に入ったようで、ワンバちゃんの足元でくつろいでいたのだとか。

ウサギさんの首には雑草のようなものが巻き付いていて、それを外そうと抱き上げると、ワンバちゃんは不満そうに鳴いたそうです。その様子は、まるで「新しいお友だちを連れて行かないで!」と抗議しているようだったとのこと。

このホテルのレンジャー、ロン・ブリンクさんは「追い出してもおかしくなかったけど、ワンバは受け入れたみたいだね。ウサギは安心できる場所を探していて、それをワンバが提供したんだ。信じられないことだけれど」と海外メディア「The DODO」に話しています。

ロンさんたちレンジャーと、ワンバちゃんの保護を受けて、ウサギさんはどんどん元気になっているみたい。「ウサギとカメ」って、実は名コンビなのかしら? そんなことを思っちゃう、ほのぼのストーリーですネ♪

参照元:Facebook、Mashable、The Dodo
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む