「ダイキンオーキッドレディス」で始まった今年の国内女子ツアー。今季の活躍が期待される選手のスイングを、ツアープロコーチの辻村明志氏にどこよりも早く解説してもらった。
これが体調面に不安がなくなったアンのスイング!連続写真でチェック!
第5回は4度目の賞金女王を目指すアン・ソンジュ(韓国)。抜群の安定感を誇るショットを武器に歴代最速で20勝を積み上げた実力者の今年のスイングとは。
「去年と比較してかなり良くなっていると言えます。悪癖が無くっていますからね」と辻村氏。「以前からトップで“間”を作って、上からおろして重力を使うスイングが特徴ですが、去年はバックスイングからトップを作ったときに、最後に体が伸びあがって重心がぽーんと上に行く余計な動きが入っていたんです」
「それが今年見てみると、しっかりと伸びあがらないところでトップができあがっていました。コアの捻転がほどけなくなったとも言えます。痛めていた首と肩への不安が無くなったことも理由の1つでしょう。無駄と無理が無くなって、トップでの“間”が長く見えましたね。元々トップが長い選手ですが、“こんなに待てるんだ!”という驚きがありました。松山英樹選手クラスの長い間を感じました(辻村氏)」
他に大きな変化は見られなかったが、それもイ・ボミ(韓国)同様元々のレベルの高さ故。「アン・ソンジュを見たとき、世界ランク1位を走ってたインビー・パーク(韓国)と同じ動きをするなと思ってました。なんせボールを撃ち抜くときの“重心”が低いのです。 2人ともに共通するのは地面からのエネルギーをパワーにかえられること。加えてリストの柔らかさはツアーでも一番です。あそこまでリストが柔らかくなければ、あれだけのベタ足スイングは存在しません」
今年で30歳になるだけに「様々な工夫を凝らしてきている」とも話す。「年を重ねると体が固くなって、これまで回っていたものが回らないなどの弊害がでてきます。アン選手は自分のスイングを分析して、ちゃんと改善してきたと言えます。賞金女王は一年通してのコンディショニング、技術、メンタルを抜きにしてはなれない離れ業。ここ数年欠場、棄権に苦しんでますが、今年は 『体、心、技』が揃ったな、といった印象を受けました。体と心が安定すれば十分一番になれる存在です」。昨年は日本に来てから最低の賞金ランクだったアン、しっかりと修正して新シーズンに臨んできた。
解説・辻村明志(つじむら・はるゆき)/1975年9月27日生まれ、福岡県出身。ツアープレーヤーとしてチャレンジツアー最高位2位などの成績を残し、2001年のアジアツアーQTでは3位に入り、翌年のアジアツアーにフル参戦した。コーチ転身後はツアー帯同コーチとして上田桃子、濱美咲らを指導。上田の出場試合に帯同、様々な女子プロのスイングの特徴を分析し、コーチングに活かしている。プロゴルファーの辻村明須香は実妹。ツアー会場の愛称は“おにぃ”。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【どこよりも早いスイング解説】イ・ボミはよりスキの無いスイングに!
【どこよりも早いスイング解説】日本本格復帰の有村智恵は彼女らしいボールが戻ってきた!
【どこよりも早いスイング解説】堀琴音はインパクトがより分厚く その理由とは?
写真もっとちょうだい!というアナタに…女子プロ写真館は秘蔵フォト特集!
パットで球が飛ぶ!! 上田桃子が試す新たな武器