紺野あさ美アナが「i☆RiS」のメンバーらとダンスを披露

写真拡大

 人気アニメの映画最新作「劇場版プリパラ み〜んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!」が3月4日封切られ、東京・新宿バルト9での初日舞台挨拶ではテレビ東京の紺野あさ美アナウンサーが司会を務めた。

 紺野アナは、今年元日にプロ野球・東京ヤクルトの杉浦稔大投手と結婚し、今春で退社の予定。最後の生出演は今月31日放送の「7スタライブ」(金曜午前9時28分)だが、有休消化などもあり公の場に姿を見せるのは最後になる可能性が高い。

 舞台あいさつは茜屋日海夏、芹澤優ら主人公たちの声を担当した声優でアイドルユニット「i☆RiS」のメンバーらとのテンポの良い掛け合いで進行。そして、キャラクターが劇中で披露するプリパラダンスを全員で踊ることになると、茜屋らの誘いに「いいんですか?」と照れながらも“センター”に立った。

 関係者によれば、楽屋で振り付けを練習していたそうで、「モーニング娘。」時代と変わらぬノリノリのダンスを披露。写真撮影にも参加し、キャラクターがピースサインを目元に当てる「かしこまポーズ」を見せ笑顔を振りまいていた。

 「劇場版プリパラ み〜んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!」は、3バージョンのストーリーを劇場や時間帯に分けて上映。茜屋は、「たくさんのキャラクター、たくさんのライブがあってどのバージョンでも楽しめる。全ルートをコンプリートして」とアピールしていた。