石原良純

写真拡大

4日放送の「週刊ニュースリーダー」(テレビ朝日系)で、石原良純が、父・石原慎太郎氏の記者会見に言及した。

番組では、「『混迷責任は小池知事に』石原氏vs『人の責任というのは簡単』小池知事」と題し、3日に行われた、豊洲移転問題に関する慎太郎氏の会見を報じた。会見上で慎太郎氏は、豊洲への市場移転を裁可した責任は自身にあるとしつつ、事態を混迷させた責任は小池百合子氏にあると発言していた。

この問題に良純は「僕は政治家・石原慎太郎のファンであった」と切り出して語り始める。「(自身が)都民であり石原慎太郎のファンとして元都知事の口から何か、どういうことが出るのか」と、会見を見届けていたという。その上で良純は、慎太郎氏について「本当に正直な人なんですよ、ですから自分の知りうる範囲のことは述べてったと思う」と、会見内容への感想を述べていた。

一方で、「今、一番問題であるのはなんであの土地を買ったのかいうことと、瑕疵担保責任の話」と問題点を指摘する。そして良純は「どれだけ知ってた知らないかって話は水掛け論になるけど、百条委員会なりで説明しないとわかりにくいってのは事実」と、説明不足であったことに言及する。

さらに良純は、慎太郎氏が今回、公の場で会見をした理由について「(マスコミなどが)やっぱり家の周りに人がいて、辛抱たまらなくて出てきて言ったところがある」と、その胸中を推察していた。

【関連記事】 
ビートたけし 石原慎太郎氏の近影に推測「同情買おうとしてるんじゃない?」
石原慎太郎氏が橋下徹氏に電話で心中吐露「悔しくてしかたがない」
石原良純 小池都知事の「違和感」発言に困惑「僕なりの思いで語る」