カン・ドンウォン、曽祖父に関する「書き込み削除」が議論に…事務所が謝罪(全文)

写真拡大

YG ENTERTAINMENT側が、カン・ドンウォンの曽祖父に関する書き込みの削除要請により発生した議論に対する立場を明かした。

3日、カン・ドンウォンが曽祖父関連書き込みの削除を要請したことでネットユーザーたちから公憤を受けたが、これはYG側が名誉毀損につながることを懸念し、代理人資格で対応したことだった。

この日、YG側は報道資料を通じて、カン・ドンウォン関連掲示物の削除要請を行う過程で発生した議論について謝罪した。

YG側は「2月27日、映画メディアMAX MOVIEサイトに晒された『俳優の人的事項』関連書き込みの内容のうち、事実と異なる部分がかなりありまして、MAX MOVIE側に確認後、書き込みの削除を要請することになりました」と述べた。

さらに、「所属事務所ではその書き込みが個人の名誉毀損につながることを懸念し、メディアポータルブログなどに2次拡散されることを防ぐため、代理人資格で対応することになりました」と説明した。

以下、公式立場全文である。

こんにちは。YG ENTERTAINMENTです。

YG ENTERTAINMENTは所属俳優のカン・ドンウォンと関連したポータルサイトやコミュニティサイトに掲載された一部書き込みの削除を要請する過程で発生した議論について深くお詫び申し上げます。

2月27日、映画メディアMAX MOVIEサイトに晒された「俳優の人的事項」関連書き込みの内容のうち、事実と異なる部分がかなりありまして、MAX MOVIE側に確認後、書き込みの削除を要請することになりました。

MAX MOVIE側によりますと、該当書き込みは個人会員が製作してコミュニティサイトに掲載したコンテンツで、メディアのロゴも、個人が任意で使用したことを確認しました。このため、MAX MOVIE側は問題を把握し、直ちに削除しました。

さらに、所属事務所ではその書き込みが個人の名誉毀損につながることを懸念し、メディアポータルブログなどに2次拡散されることを防ぐため、代理人資格で対応することになりました。

しかし、この過程で、ポータルサイト規定上、掲示物に言及された当事者の名前で要請書が発送され、論議が拡散されました。

ファンの皆様にご不便をかけたことについて責任を痛感し、もう一度お詫び申し上げます。

現在、カン・ドンウォンは、曽祖父と関連し、直接確認した内容が不足し、まだはっきり申し上げられる部分はございませんが、ご心配をかけまして大変申し訳なく思っております。