三上博史

写真拡大

 三上博史が主演を務める『連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』が、4月30日よりWOWOWにて放送されることが決定した。

参考:『山田孝之のカンヌ映画祭』松江哲明監督インタビュー「映画界への“問い”になってくれれば」

 同ドラマは、堂場瞬一の小説『社長室の冬』が原作の社会派ドラマ。発行部数が低迷する巨大新聞社・日本新報が、外資を率いる日本人・青井聡太に身売りを画策しようとする模様を描き出す。

 約2年振りの「連続ドラマW」登場となる三上博史が、まるでドナルド・トランプを彷彿とさせるような“暴君”青井役を演じる。

【主演・三上博史(青井聡太役)コメント】
■台本を読んだ感想
普段生活する上であまり感じる事はなかったのですが、今の時代は情報過多なんだということを改めて考えさせられる内容でした。新聞もWEBもそうですけど、ニュースソースが溢れている中で、ひとつの情報をどう受け取ったらいいのか、自分がどう使ったらいいのか、さらには周りにどうシェアしていくのか。一見当たり前のようにみえるけれど、実はとても難しい課題をこの作品では投げかけていると思います。

■今回演じた青井の役柄について
青井はニュースのあり方というものについて、WEB社会である世相を上手く取り入れたプロフェッショナルといえます。外資系企業の日本法人社長という役柄で、トランプ大統領のようにメディアと真っ向から向き合い、対峙したときの憤りですらもたくましく利用する人物像に近いのかもしれません。僕としては道徳や倫理的なことを考えてしまい、悩ましく思う部分はありますが、自分がどうやって生業を立てているのかということに立ち返ると、青井やトランプ大統領のような、ブレない信念やビジョンを持っているたくましさは見習わなきゃいけないのかもしれないと、今回の役を通して考えさせられました。ただ、僕も演じることに対しての“執念”という熱量では青井に負けていないと思いますので、そういった部分を演技で存分に発揮できればと思います。ただ、たまにこだわり過ぎて“悪魔”って言われることもありますが(笑)。

■視聴者へのメッセージ
表現者としてこんなにものびのび演技させていただけるWOWOWで、今回また演じられることがとても楽しみです。また、今後発表になりますが、制作陣の皆さんが一所懸命工夫を凝らしてくださって、物語に命を吹き込む素晴らしいキャスティングが実現しました。僕自身もワクワクしているという気持ちを、視聴者の皆様にも作品を通してお伝えできたらと思います。

【演出・村上牧人 コメント】
■監督を務めることになったときの感想
一昨年、連続ドラマWで堂場瞬一さん原作の『誤断』の監督をさせていただきました。三ヶ月間、リアルで重厚な男の世界に浸りきり、撮影が終わった後は抜け殻のようになりました。今回再び、あの、ひりひりした堂場ワールドに身を投じられることに深い興奮を覚えています。

■ドラマを通して伝えたいこと。どんなドラマを作り上げたいか
巨大新聞社の崩壊と、メディアの再生を題材とした今作ですが、社会派や企業物といった枠にとらわれず、生身の人間たちが「刺すか刺されるか」の関係で繰り広げる“活劇”かつ、“熱い人間ドラマ”に仕上げたいと思っています。

■視聴者の皆様へのメッセージ
登場人物それぞれに「正義」があり、その「正義」と「正義」がぶつかり合うところに「ドラマ」が生まれます。男たちの闘いに、ご期待ください。

【プロデュース・東康之 コメント】
■本原作をドラマ化する意図について
スマホやSNSの普及で、ニュースは必ずしも紙の新聞で読むとは限らなくなってきました。さらにネットではさまざまな言論が飛び交い、新聞の使命とその未来が今、問われています。折しもアメリカではドナルド・トランプ大統領が誕生し、既存の新聞社を「フェイクニュース」と呼んで攻撃する事態も発生。そんな今、「新聞社の身売り」という日本のマスコミが揺らぐ事件を描いたこの原作に出会い、ぜひともWOWOWでドラマ化したいと思いました。

■三上博史の起用理由
今回のドラマ化では、原作の主人公を日本新報の南という青年から、身売り引き受けを狙う外資系企業の青井に変更させていただきました。そして青井に今話題のトランプ大統領を彷彿とさせるキャラクター性を付与しました。人々を扇動する過激な弁論術、危険なまでの彼のスタイルから人々はどうしても目を離すことができない……。そんな本作の主人公には、どんな難役も演じ分けられる三上博史さんしか思い浮かびませんでした。WOWOWで数多くの名作を残してきた三上さんに、またひとつ新たな伝説を作っていただきたく思っております。

【原作・堂場瞬一 コメント】
■ドラマ化が決まった感想
原作は「メディア三部作」の最終巻になります。新聞という伝統ある巨大メディアが、外部の力によってじわじわと浸食される様を描いてきましたが、無事に完結した直後に映像化の話をいただいて驚きました。諸般の事情で、映像化はなかなか難しいと思っていたので、まずはこのチャレンジ精神に敬意を表したいと思います。映像化による業界内外の反応についても、怖いような楽しみなような気持ちです。

■主演・三上博史の印象
多数の映像作品や舞台を通して、変幻自在の演技を見せる役者さん、というイメージがあります。今回演じていただく青井という人物は、単に「外資の手先になって自分の古巣の買収を手がける」というだけの単純な人間ではありません。様々な経験、複雑な思いを胸に抱き、裏も表も横もある、一筋縄ではいかない人物です。三上さんの手によってどのような「青井像」に仕上がるのか、非常に楽しみです。

■ドラマに期待することなど
企業の身売り話を描いた小説は、裏の話が多いが故に、ダイナミックな展開にするのが意外に難しいものです。特に今回は、様々な人間の思惑が複雑に絡みあった「陰謀劇」の色合いが強く、ある意味、非常に陰湿な仕上がりになっています。ドラマでは、原作の持ち味を生かしつつ、より動的な展開を見せていただけるものと期待しています。また、新聞社ならではの特殊な世界がどう描かれるかも楽しみです。

■視聴者へのメッセージ
新聞社というのは、やはり通常の企業ではありません。何故ならば、必ずしも利益優先ではないーー正確な報道のために新聞を出し続けることこそが、最優先の課題なのです。特殊な世界の物語ですので、普通のサラリーマンの方には拒絶反応が出るかもしれませんが、情報化社会の現代を象徴する話になります。明治から続くエスタブリッシュメントの常識が、新時代の流れの中で崩れゆく様を楽しんでいただければと思います。

(リアルサウンド編集部)