Doctors Me(ドクターズミー)- 整腸作用のギモン!乳酸菌を摂取してるのに効果がでないのはなぜ?

写真拡大

近年、乳酸菌は整腸作用以外にも、インフルエンザや、花粉症の予防や改善にも良い、といったことがメディアでも取り上げられております。

しかし、乳酸菌も正しい摂取をしないと、あまり効果が出ない場合があります。

今回は乳酸菌の概要、1日の摂取目安、乳酸菌を効果的に摂取する方法などを医師に解説をしていただきました。

乳酸菌とは


糖を消化して乳酸を生み出す能力のある細菌の総称で、人間の腸内に存在する善玉菌の一種です。

腸内で乳酸菌が働くことで腸内を弱酸性に保ち、正常な腸内環境にする整腸によって免疫機能や便通を整えています。

ビフィズス菌も乳酸菌の一つです。

乳酸菌が含まれる食材


■ 牛乳
■ チーズ
■ ヨーグルト
■ ぬか漬け
■ キムチ
■ 納豆

乳酸菌摂取量の目安


乳酸菌は熱や胃酸、胆汁に弱く、食品から摂取しても腸に辿り着くまでに多くが死んでしまうとされていますが、死んだ乳酸菌は腸内で生きた乳酸菌のえさになり、乳酸菌が増殖するのを助けます。

乳酸菌はビタミンやタンパク質のような栄養素ではないので、何グラム摂取するのが望ましいというはっきりした決まりはありませんが、1日におよそ1兆個の死んだ乳酸菌を摂取することが良いと言われています。

乳酸菌は過剰摂取しても大丈夫?


最近は剤型を工夫することで生きたまま腸に届くとうたっている製品もあり、これらについては1日にどの程度摂取するのが理想的なのかは分かっていませんが、死んだ菌でも生きた菌でも、過剰摂取しても特に問題は生じないと考えられます。

ただ、ヨーグルトや乳酸菌飲料には糖分や脂肪分が含まれており、それらの過剰摂取によるカロリー過剰の問題は考えられます。

乳酸菌を摂取しているのに変化が見られない原因


乳酸菌に即効性はない


乳酸菌を意識して摂取される場合、整腸によって以下の症状の改善を期待されていることが多いのではないでしょうか。

・便秘
・下痢
・免疫力向上
・花粉症などのアレルギー疾患
・脂質異常

しかし、乳酸菌はお薬ではないので即効性はありませんし、便通やアレルギー疾患の状態は生活習慣とも関係するため、純粋に乳酸菌だけの効果を評価するのは難しいでしょう。

体内環境と合わない


全く何の効果も感じられない場合は、ご自身の体内環境と乳酸菌の株が合っていないということもあるかもしれません。

ご自身の腸内環境との相性が合わない場合は、摂取してもうまく働かずに排出されている可能性があります。

最近は特定の菌の種類(株)をうたって販売されている乳酸菌製品がありますので、一種類の乳酸菌製品だけでなくいろいろ試してみられても良いかもしれません。

抗生物質を内服


同時に抗生物質を内服されている場合、薬の作用で乳酸菌が死んでしまう割合が増えていると思われ、乳酸菌の効果が減ってしまうかもしれません。

病院で抗生物質を処方される場合、「抗生物質を飲むと下痢をしやすいです」と申告されれば、抗生物質でも死なないように加工された乳酸菌製剤を処方してもらえますので、ご相談してみてください。

乳酸菌を効果的に摂取する方法


乳酸菌を効果的に摂取するためには、胃酸の酸性度が下がっている食後に摂るほうがよいでしょう。

また、乳酸菌の栄養源になるオリゴ糖を同時に摂取するとより効果的です。オリゴ糖は通常の砂糖よりも分子が大きい糖で、甘さが控えめで消化されにくい糖です。

オリゴ糖は豆類、甜菜(サトウダイコン)、甘酒などに多く含まれ、シロップ製剤や粉末の形で市販もされています。

最後に医師から一言


様々な機能が発見され、注目を集めている乳酸菌。効果的に摂取して健康に役立てましょう。

(監修:Doctors Me 医師)