Appleは現地時間3月3日、iPad ProのCMシリーズの新作2本を公開しました。これまでのCMと同じく、iPad ProとApple Pencilを使うことで、紙を減らし、作業効率をアップできることを訴えています。

授業でのノート取りもラクラク

「Take better notes」には、眠すぎて数学の授業のノートが取れないと訴えている女子学生が登場。CMはiPad ProとApple Pencilを使えば、画像に直接書き込むといった「革新的なノート取り」ができるとし、万一睡魔に負けて居眠りしてしまっても「録音可能」としています。
 

スキャナー、紙、ラップトップを1台で

2本めの「Need less stuff」では、iPadがスキャナー、紙の束、ラップトップの代わりになるとし、机の周りに積み上げられた書類やモノを減らせるとアピールしています。
 

宣伝の比重をテレビからデジタルメディアへ

これまでのCM(第1弾、第2弾)同様、今回の公開された2本も15秒の長さで、テレビ向けというよりもTwitterなどのソーシャルメディア向けに制作されたもののようです。Appleはマーケティングの比重を、テレビからデジタルメディアへと移しつつあると報じられています。
 
3月開催が期待されるスペシャルイベントで、Appleは次期iPad Proを発表すると噂されています。これまで浮上した情報が正しければ、イベントで発表されるのはベゼルレスの10.5インチ、現行モデルをアップデートした12.9インチ、エントリーモデルでお値頃な9.7インチの3モデルです。
 
 
Source:YouTube (Apple)
(lunatic)