「力の強い女ト・ボンスン」パク・ボヨン、ZE:A ヒョンシクを同性愛者と疑う

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「力の強い女ト・ボンスン」でパク・ボヨンがZE:A ヒョンシクを同性愛者だと確信した。

韓国で3日に放送されたJTBC金土ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」では、ト・ボンスン(パク・ボヨン) がアン・ミンヒョク(ヒョンシク) の家に泊まるというと、イン・グクドゥ(ジス) がこれを止めようとする様子が描かれた。

グクドゥは仕事のため仕方ないというボンスンの言葉に一歩下がったが、「男はみんなオオカミだ」と警告した。

これを受け、ミンヒョクはグクドゥに色目を使い、「あなたもここに泊まったらいいのに」とウィンクをした。もしかしたらミンヒョクが同性愛者かも知れないと思ったボンスンは、ミンヒョクの行動に疑いを確信に変えた。

面白くなったミンヒョクはボンスンの前で「あなたの友達のお尻を思い出す。僕はお尻が綺麗な男が好き」とイタズラを言い、ボンスンは「最低」と箸をキッチンのテーブルに刺し、笑いを誘った。