クリアで迫力ある映像と音を楽しめる

写真拡大

各種オーディオ製品を扱うハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドから2.1チャンネルのホームシアターシステム「CINEMA(シネマ) SB450」を2017年3月3日に発売した。4K Ultra-HDパススルーに対応し、本機経由でブルーレイプレーヤーなどの機器を接続した際も最上位フォーマットのまま入力、再生でき、クリアで迫力ある映像と音を楽しめる。

世界中の映画館などで使用されている音響テクノロジー搭載

世界中の映画館やコンサートホールなどで使用されているという、JBLの音響テクノロジーを搭載。迫力と臨場感のあるバーチャルサラウンドを最大出力440ワットでドライブし、テレビや映画鑑賞のほか、音楽やゲームなど様々なサウンド再生を楽しめる。コンパクトなサブウーファーはサウンドバーとワイヤレス接続し、セッティングの自由度が高い。

接続は付属の光デジタルケーブルで簡単に接続できるのに加えBluetoothにも対応する。カラーはブラック。

価格はオープンだが、「ハーマン公式通販サイト」での価格は5万9880円(税別)。