花粉が憂うつな時期が近くなってきた

写真拡大

【林先生が驚く初耳学!】(TBS系)2017年2月26日放送
「『兄弟』の新事実 花粉症になりやすいのは...」

日本人の4人に1人が花粉症といわれている。同じような環境で過ごしている人は、1人が花粉症ならほかも皆同じように花粉症になりそうな気がするが、実は生まれ持った性質で、花粉症のかかりやすさ・かかりにくさが左右される場合がある。

花粉症にかかりやすいのは、長男・長女だという。

大人しかいない環境があだに

ロート製薬の調査によると、第二子の花粉症発症率が29.2%なのに対し、第一子は39.7%と、10%も高かった。

原因は幼少期の生育環境にあると考えられる。

人間の免疫をつかさどるリンパ球は2種類あり、1つは細菌とウイルスに対するもの、もう1つは寄生虫や花粉に対するものだ。後者の方が多いとアレルギー反応が出てしまう。

生まれた直後は2つのバランスが崩れていて、後者が過剰な状態にある。育つにつれ様々な細菌やウイルスに触れることで免疫細胞が活発になり、バランスが良くなる。

小さい頃に細菌やウイルスに触れないと、崩れたバランスのまま育ってしまい、年齢を重ねていくと花粉症などのアレルギーになる。

第一子は家の中に大人しかいない、細菌やウイルスが少ない環境で育つ傾向がある。第二子以降は兄や姉が家の中にまき散らした細菌やウイルスを取り込みながら成長するので、バランスが改善されやすい。

太りやすさも姉妹で差が

花粉症以外にも、きょうだい間で体質に違いが出るケースがある。

ニュージーランドの大学が約3万人の女性を対象に行った研究によると、長女の方が次女より太りやすいという。

初産の場合、母親の胎盤の血管が第二子を妊娠している時よりも細い傾向がある。長女には十分な栄養が行き渡らず、次女より小さい体格で生まれる確率が高い。長女は脂肪を蓄えやすい体質になり、太りやすくなるのだ。