三上博史主演「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」の放送が決定/(C)WOWOW

写真拡大

WOWOWプライムにて4月30日(日)より、三上博史主演「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」の放送が決まった。

【写真を見る】原作者の堂場瞬一は、「映像化による業界内外の反応について、怖いような楽しみなような気持ちです」とコメント/三山エリ

本ドラマの原作は、堂場瞬一の小説「社長室の冬」(集英社)。日本を代表する巨大新聞社が、発行部数の低迷から“身売り”を画策するストーリーで、堂場による「メディア三部作」の完結編に当たる。

だが今回、主人公を“身売り交渉”の相手となる、米巨大ネットショッピング会社の日本法人社長・青井聡太(三上)に変更。青井が過激な要求を繰り返し、ドナルド・トランプ大統領を彷彿(ほうふつ)とさせるような暴君ぶりを発揮する姿を描く。

戦後日本の論壇を支えてきた「新聞社」という“既成制度”は崩壊していくのか。そして、新聞社の身売りを引き受ける青井の真意とは。“メディアの在り方”を問う、社会派ドラマとなっている。

三上は「連続ドラマW 下町ロケット」以来、約2年ぶりのWOWOWドラマ出演。「普段生活する上であまり感じることはなかったのですが、今の時代は情報過多なんだということを、あらためて考えさせられる内容でした」とコメントした。

また、青井については「ニュースの在り方というものについて、WEB社会である世相をうまく取り入れたプロフェッショナルといえます。トランプ大統領のようにメディアと真っ向から向き合い、対峙(たいじ)したときの憤りですらもたくましく利用する人物像に、近いのかもしれません」と分析。

その上で、「僕も演じることに対しての“執念”という熱量では、青井に負けていないと思いますので、そういった部分を演技に存分に発揮できればと思います。ただ、たまにこだわり過ぎて、“悪魔”って言われることもありますが(笑)」と話した。