3日、参考消息網は記事「中国で韓国旅行ツアーが販売中止に、中国人観光客は70%減か―韓国メディア」を掲載した。北京市にある複数の旅行会社は2日午後、韓国行き旅行ツアーの販売を中止するよう、当局から口頭で指示を受けたという。写真は韓国。

写真拡大

2017年3月3日、韓国・聯合ニュースによると、中国で韓国旅行ツアーが販売中止となったことで訪韓中国人観光客が70%減少する可能性があるという。

聯合ニュースによると、北京市にある複数の旅行会社は2日午後、韓国行き旅行ツアーの販売を中止するよう、当局から口頭で指示を受けたという。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に対する報復措置と見られる。同様の指示は北京市のみならず中国全土に広がっているもようだ。

韓国を訪問する中国人旅行客のうち約40%がツアー旅行客。残る60%の個人旅行客のうち約半数は旅行会社を通じて手配している。旅行禁止処分が広がれば、中国人観光客のうち70%が減少する計算となる。韓国旅行当局の関係者は、まずは市場の変化を見極めるが、先行きはきわめて不透明だとコメントしている。(翻訳・編集/増田聡太郎)