写真提供:マイナビニュース

写真拡大

iOSに付属のカメラアプリで撮影した写真は、iOSが指定した領域に保存される。iCloudフォトライブラリを有効にすると、「カメラロール」アルバムの代わりに「すべての写真」アルバムに保存されるという違いは生じるが、撮影後に「写真」アプリで鑑賞するなど操作感は変わらない。

そして、カメラロール/すべての写真に保存された写真は、iPhoneのロックが解除されれば変わらず「見えてしまう」。「写真」アプリには、他人に見せたくない写真を非表示にする機能はあるが、その操作は撮影後に行わなければならないうえ、モーメント/コレクション/年別の画面に表示されなくなるだけの話で、アルバムには表示され続ける。

撮影時点で他人に見せたくない写真だとわかっている場合には、『メモ』を利用するといい。iOS 10の『メモ』には、撮影した写真をそのままメモに貼り付ける機能があるので、そのメモにパスワードを設定するのだ。適切に設定しておけば、カメラロール/すべての写真とは無関係に保存されるため、『写真』アプリで表示されることはなく、写真の秘密は守られる。メモのパスワードが漏えいしないかぎり、自分以外の人間に見られる可能性はないと言っていいだろう。

作業の流れは、「メモ」の画面下部にある写真ボタンをタップ(起動前はクイックアクションの「新しい写真」メニューを利用できる)して撮影、その後共有画面からメモ自体をロック(パスワード/Touch IDで保護)するというもの。なお、あらかじめ「メモ」の設定画面で「メディアを"写真"に保存」スイッチをオフにしておかないと、撮影した写真はカメラロール/すべての写真にも保存されてしまうので、注意しよう。

○操作手順をカンタン解説

(海上忍)