ゆうばりで熱烈な歓迎を受けた斎藤工

写真拡大

 俳優・斎藤工の長編初監督作『blank13』が、3日に北海道夕張市で開催中の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」で上映され、本映画祭出品に照準を合わせて映画を制作してきた斎藤が念願の初お披露目に感激の表情を見せた。この日は出演者の村上淳らも登壇した。

 13年前に失踪した父との再会、別れを通じて浮かび上がる父への思いを描き出した本作。斎藤にとっては本作が7本目の監督作、かつ長編監督デビュー作となる。そんな斎藤の新作を一足早く観ようと、会場にはファンが多数来場し、超満員。なかには朝6時から並んでいたファンの姿も見られたという。

 そんな熱気あふれる会場にやってきた斎藤が「ただいま!」と呼びかけると、観客は「おかえり!」と大歓迎。「ゆうばりの地域と映画祭が持っている体温にときめいてしまいます。こういう形で自分の作品を観てもらうことができて、しかもあこがれのムラジュン(村上)さんに出演してもらって。映画の神様に感謝しております」と語る斎藤だったが、「映画祭では予想しないことが偶発的に起こって。気付いたら一般のご家庭に行って、カレーを食べていました」と明かし、会場からは驚きの声がわき起こった。

 会場の観客と一緒に映画を鑑賞した斎藤は「これだけの人に囲まれて感慨深い。恵まれていますね」としみじみ。本作のキャスティングは高橋一生、松岡茉優、リリー・フランキーら豪華キャストが集まっているが、「これは間違いないメンバー。われながらずるいと思います」と満足げな表情だった。

 村上によると、斎藤はリリーにオファーをした際、開口一番「ゆうばりを目指します」と語ったのだとか。その言葉にリリーは意気を感じ、「今どきいる? でも(出演を)決めたよね」と振り返っていたという。そのうえで「僕もそうだった。世の中にはいろんな映画祭があるけど、でもここで上映するんだと貫く男気はすばらしいなと思いましたよ。だって実際に(映画祭で)かかっているわけだから」と続けた村上の言葉に、会場は大きな拍手が鳴り響いた。(取材・文:壬生智裕)

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は3月6日まで合宿の宿ひまわりをメイン会場に、夕張市内の各会場で開催中