大人気の「500色の色えんぴつ」第4弾のテーマが素敵すぎる / 「この世に存在するすべての幸せ」を色で表現したんだって!

写真拡大

「大人のぬり絵」を楽しむときに、欠かせないのが色えんぴつです。定番の色のほか微妙な色合いのものも販売されていて、いろんなぬり絵に挑戦したくなっちゃいます。

ただいま、フェリシモでは「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」の予約を受け付けています。1992年に初版が発売され、世界で10万セットを販売した大人気シリーズの第4弾なんだけど、コンセプトがすごく素敵なのです……!

【色名も素敵な「500色の色えんぴつ」】

今回、500もの色で表現しているのは、「この世に存在するすべての幸せ」だそうです。季節とともに変化する木々、刻々と表情を変える空や海などをそれぞれの色にのせています。

色の名前も変わっていて、例えば赤色ひとつとっても「New Bike(まっさらな自転車)」や「Heavenly Hibiscus(天国のハイビスカス)」、「Passion Dance(情熱のダンス)」などと名付けられています。なんだか創作活動のヒントを得られそうなネーミングです!

【日本のえんぴつ職人による色えんぴつ】

こちらの色えんぴつのボディーは、東京・葛飾にある町工場や職人たちの知恵と技術により作られたものだそう。持ちやすくて描きやすい四角い正方形のフォルムなど、こだわりがいっぱいです。机の上をコロコロ〜っと転がっていって、いつの間にかなくしてしまう……ってこともなくなりそう。

色えんぴつの芯は、山梨県甲府市にある日本唯一ともいわれる色芯工場で製造。500もの色の違いや微妙なグラデーションを完成させるべく、極限まで微量な調合による色出しを行なっているんだって!

500色が一気に届くワケではなく「SPRING」や「FUN」、「PARTY」などのテーマに合わせて、毎月20色が届くシステム。25カ月間かけて、蛍光色やメタリック、パステル、暗褐色など500色の色えんぴつを集める壮大な体験ができます。

500色の色えんぴつがズラリと並んだら、グラデーションが美しくてそれだけでもアートみたいかも! ちょっとずつ、見たこともないような色合いの色えんぴつが増えていくのも楽しそうですネ♪

参照元:プレスリリース、フェリシモ
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る