3日、新京報は記事「天壇公園、トイレ持ち去り問題に回答=無料設置は継続」を掲載した。天壇公園では2007年から無料提供を始めた。すると大量に使用したり、あるいは持ち帰るケースが続出したという。資料写真。

写真拡大

2017年3月3日、新京報は記事「天壇公園、トイレ持ち去り問題に回答=無料設置は継続」を掲載した。

中国を代表する観光地の一つ、北京市の天壇公園で困った問題が起きている。中国の公衆トイレはトイレットペーパーを配置していないケースがほとんどだが、天壇公園では2007年から無料提供を始めた。すると大量に使用したり、あるいは持ち帰るケースが続出したという。観光客ではなく近隣住民による持ち去りが多いという。

3日午前、天壇公園の記者会見が行われたが、その中でこのトイレットペーパー問題も取り上げられた。公園の董亜力(ドン・ヤーリー)党委書記は従業員がやめるように言ってもなかなか聞いてもらえないと問題を認めたが、ここ2年間はトイレットペーパーの使用料が減少しており改善傾向にあると指摘。無料設置をやめる考えはないと表明した。(翻訳・編集/増田聡太郎)