マイナビがボルダリングチームを結成!

写真拡大

マイナビが、3月1日(金)に、ボルダリングチーム「マイナビクライマーズ」を結成し、東京都の江東区にあるクライミングジムFish and Bird東陽町で、記者発表会を開催した。マイナビクライマーズのメンバーに選ばれた6名の選手が登壇し、それぞれ意気込みを語った。

マイナビクライマーズのメンバーは以下の通り。
尾上彩選手、廣重幸紀選手、戸田萌希選手、小武芽生選手、波田悠貴選手、杉本怜選手。

メンバー女性最年長の尾上選手は「マイナビクライマーズのメンバーと切磋琢磨しながら頂点目指してがんばって行きたい」と今後の抱負を語った。

記者会見では、元K-1ファイターの武蔵さんと、元シンクロオリンピック選手の青木愛さんも登壇し、トークセッションも行なわれた。青木さんはマイナビクライマーズに向けて「夢をかなえるためにはたくさん壁にぶつかると思う。ぶつかってそこで諦めるんじゃなくて、一つ一つ乗り越えていったら、夢はいつかかなうと思います」とエールを送った。

スポーツクライミング(スピード、リード、ボルダリング)は2020年の東京オリンピックで追加種目となったことで、近年ますます注目を浴びている競技。マイナビクライマーズの今後の活躍が期待される。

(マイナビウーマン編集部)